INDEX    RSS    ADMIN

Southland S5-#8 「掟破り」

Southlandも残すところ2話となってしまいました。
相変わらずドラッグディーラー、ギャングスタがはびこっています。

巡査部長の息子が射殺されますが
親はドラッグに手を染めていた息子を救うことができず
結局息子は家を出ていました。
警察は街を犯罪から守るために日夜尽くしているのに
親が子供を守れなかった現実。
さらに警官の不正が絡んでいるようで
アダムスは正義を貫ぬくため捜査を進めようとすると
ロビンソンは内務調査に任せようとストップをかけ
家族の事を考えると踏み込めないというのも現実。
アダムスがこっそりクラークに会いに行くシーンにしみじみしました。

ブライアントがタミーへの暴力行為をもみ消した件も複雑に。
さらにブライアントの自宅がギャングに襲われ
息子はクローゼットに隠れていたので無事でした。
しかし危険は続きます。

銃撃戦になった際肩を撃たれかけたカルロス君ことルチェロ。
かすり傷程度で問題もなく、いつもどおり軽口を叩いていました。
問題含みの警官ばかりで、ルチェロは安泰?と思っていたら
そうでもなかったんですね。
ルチェロがクーパーに妻の店でランチをしようと言い出したことから発覚します。

なるほど妻はメキシカンレストランをやってたんだ。
ルチェロの話では家庭円満な雰囲気が漂ってましたが
クーパーはルチェロが厨房で妻と言い争っている声を聞いてしまいます。
家庭不和状態はずっと続いていて、ルチェロは家に帰っておらず
子供たちともずっと顔を合わせていない。
ルチェロの軽口トークはすべて偽りの世界だったんですね。
現実が分かっても、クーパーはルチェロのトークに付き合います。
その後クーパーは子供を作りたいと思います。

日々犯罪と向き合い心身ともに疲弊したら
人間どこかおかしくなってくるよね。
家族を守るための線引きもときには必要なのかも。
シャーマンみたいに息抜きしすぎ?なのも気になりますが。
皆さんあまり苦しまずにファイナルを迎えて欲しいけど
そうはいかないんだろうな・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント