INDEX    RSS    ADMIN

Bron/Broen S3-#10 「セカンド・チャンス」

事件が解決してからがいろいろなことが起こりすぎて・・・驚きの連続でした。

もちろん事件だって1シーズン10話引きずっていたから相当のもので
ようやくここで連続殺人事件の真犯人がわかり、そうだったのかと納得。
しかも最後の仕掛けは自分と父親と幼い弟まで巻き込もうとして
その緊迫感も半端なかったんですが
いつものようにサーガとヘンリックの見事な推理力&行動力で現場を発見。
なんとか彼らの命を救うことはできました。
シーズンが始まった時は全然先が見えなかったドラマが
ここでようやく終結。
ホッとしたところで残り30分、何があるのかなと思ったら・・・

ここからがすごかった!
サーガはハンスの葬儀に出席するけれど
それまで妹の葬儀も含めて葬儀に出たことのなかったサーガには
大きな決断でした。
それだけ大切な友人でもあったハンスを殺害したエーミルを発見したとき
サーガはすぐに彼の命を救おうとしません。
さんざんヘンリックに怒鳴られて、ようやく行動に出ます。
ところがエーミルが房で自殺した話を聞き
サーガがサインを求めるために渡した書類に付いていたクリップを盗んで凶器にしたことを知り
ショックを受けます。
そこに今度は殺害された母親についての新たな情報が。
サーガが潔白を断言しても、状況はますます不利になってきます。
動機があってアリバイがなく、物的証拠は出てる。
サーガは追い詰められます。

一方事件が解決して一休みしようと思っていたヘンリックは
白骨遺体が見つかり、鑑定の結果妻のものだと判明したと聞かされ
大打撃を受けます。
妻の死を認めるのも耐えられないけれど
それ以上に、娘たちの遺体が一緒に埋まっていなかったことが許せず
ヘンリックは娘たちを探そうと躍起になります。
大量の事件の捜査資料と向き合いながらクスリを飲み続け・・・

ハンスの葬儀に来るはずだったヘンリックが来なかったので
サーガがヘンリックの家に行ったら、ヘンリックが倒れていました。
覚せい剤と睡眠薬のミックスのクスリ漬け状態だったヘンリックですが
サーガはそのことを知らず、病院でヘンリックから話を聞いたサーガは
いかにもサーガらしく、ヘンリックが警官失格だと断言します。
ヘンリックは病院を抜け出すとコペンハーゲンで辞職を願いで
そのままマルメに来ますがサーガがおらず
ヘンリックはサーガを探しに行きます。

線路の上で銃を手に、全くヘンリックを寄せ付けようとしないサーガを
ヘンリックはなんとか説得しようとするけどサーガは動かず
そのうち電車が来てしまいます。
もうダメかと電車を通り過ぎてから向こうを見たら
サーガが泣き崩れていました。
ヘンリックはサーガを抱きしめます。

ヘンリックだってサーガに負けずに辛く苦しい状態なのに
このときはサーガを救おうとすることに必死で
その声掛けの温かさが素敵でした。
死を思いとどまったサーガの涙も
今まで溜め込んでいたものが一気に出てきて
こんな姿のサーガを見るのもショックでしたが
ヘンリックが包み込んでくれたから本当に良かった。

警察ドラマの刑事たちは多かれ少なかれ問題を抱えてるけど
二人の抱えている問題はもっと大きすぎ。
さらに国籍も違うのにパッと組まされて
しかもサーガはあの性格だからヘンリックは相当面食らったはずだけど
見事なパートナーシップを発揮していました。
大体プライベートで寝ていても、その影響が全くないのが
超人的というか・・・
ドライなんだけどお互いを信頼し合っているところがかっこいいなと観続けていたら
最後にとんでもないおまけが!!
S2ファイナルのサーガとマーティンも強烈でしたが
今回もっとショックが大きかったかも。

そしてラストに、二人でヘンリックの娘たちの失踪に関する資料を再点検。
また橋を渡って調べに行きます。
S4で是非とも二人に、ヘンリックの娘たちの居場所を突き止めてもらいたいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント