FC2ブログ
Top Page › CSI, CSI:Miami, CSI:NY › CSI「凶暴な躾け」

2006 · 04 · 16 (Sun) 15:46

CSI「凶暴な躾け」

今回のCSIは頭すっきり観られました。
しかし下水の中にバラバラの骨・・・全然美しくはなかったけど。

グレッグ君解剖初体験。
かなり無理してたかもしれないけど、
一応最後まで頑張って参加できましたね。
吐かなかったのはご立派!
それにしてもグレッグ君のために大サービス?
いつも以上にでっかくお腹を開いて
わかりやすくバラバラ人間を作ってくれるアルおじさん。
こっちはあまり気分よくなかったです。

気分よくなかったのは下水の中も
あれは相当臭そうですよね。
キャサリンもウォリックも平気で仕事してましたが。
そして偶然顔が急接近!しちゃった二人。
あのときお声がかからなかったら
二人はもっと近づいちゃったのかな・・・ドキドキ。
このコンビ、なかなかいい感じだと思いますがいかがでしょう。

ウォリック大活躍に比べてかなり地味なニック。
髪は全然伸びてない!
そういえばグレッグのヘアスタイルがツンツンしてなくて
ちょっと不満です。
身だしなみも昇格のポイントですか?

派手な実験が大好きな白熊主任。
侍に実験現場を見せてやりたいです。
即刻逃げ出すだろうな。
家族の都合かなんか持ち出して(笑)
そして腐敗させてた生き物の死骸・・・
あれは何だったんでしょう?
ついでにグレッグ君のオシッコ大活躍。
まさかこんなところで主任のトイレいじめがあったとは!

事件の黒幕はバカ親子たち。
どうしてこんなに迷惑な人たちがいるのでしょうか。
しかしあんなに爆弾を隠し持っていて
ミスって爆発なんてことはないのかな?
爆発しないようにKeepしておくだけで
すごく大変そうな気がするんですけど。
侍も現場に居合わせたかっただろうな。
残念でした。

スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

こんばんは~。
「侍に実験現場を見せてやりたいです。
即刻逃げ出すだろうな。
家族の都合かなんか持ち出して(笑)」には思わず納得しながら笑ってしまいました。
そして想像できてしまう辺りが恐ろしいですね(笑)
なんだか今回マイアミと一緒だったら楽しいことになってそうな事件でしたね。前にもやったことですし、今後もやって欲しいですね。

あとこれはお願いなのですが、今回の記事をトラックバックさせていただいてよろしいでしょうか?
2006-04-16-22:07
ASAKO [ 返信 * 編集 ]

Garotoさん、こんばんは☆
ロビンス先生、ガバーッと開けてましたね(笑
いつもより派手に。
主任は怪しい物体を怪しい液体に浸して楽しんでるし。
ひさびさベガスっぽい"匂い"をかいだ気がします。

キャサリンとウォリックは、これからちょっといい感じになるんでしょうか。
大変気になります☆

侍に実験を見せたら
「もういい、結果を知らせてくれ」と退散でしょうw
2006-04-17-01:37
うな [ 返信 * 編集 ]

なんだかんだイジメてる風に見えても、みんなグレッグを育てようと温かく厳しくやってるんですよねー。
ウルフみたいに、侍が放置プレイしてるもんだから「自分は出来る」と勘違いして、後から色々問題起こすのとは違った育て方を見ている感じです。

主任が実験してた物体は、子豚の死体ですね・・・。前にもああいうのを使って実験やって、サラをベジタリアンに追い込んだことがあります。
侍だとああいう実験の前では無言になって逃げそうですね(^_^;)
今回の爆弾処理班のリーダーに侍をダブらせて、有無を言わせず主任を退避させるホレイショ、みたいな風に想像してしまいました。まだまだマイアミが抜け切りません。
2006-04-17-12:15
くまぷー [ 返信 * 編集 ]

爆弾を見つけたとたん、侍がいなくて残念!って思いました。

>ASAKOさん
今回たまたま侍がベガス出張してて
(休暇でギャンブルは彼の場合なさそうだから・・・笑)
爆弾処理班に呼ばれたら
いそいそと顔を出しそうですね。
でも周りにお構いなしにさっさと爆弾に近寄り
さっさと処理して決めポーズ!ってなるのかな。
そして侍は、自分の都合で仕事を選びますので・・・
TBよろしくお願いします!

>うなさん
あの胸の開き方は半端じゃなかったですよね。
よく見えるようにって配慮にしてもぞっとしました。
キャサリンとウォリックはかなり気になってます♪
そして侍は、実験現場に足を踏み入れる事さえしないかも!

>くまぷーさん
TBありがとうございます。
早く現場に出して実践で学ぶのがいいのか、コツコツと苦労しながら慣れていくのがいいのか、マイアミは人手不足だから仕方がないのかもしれないけど、ウルフが犯したミスはやはり反省しなきゃいけないものだし、ベガス流教育の方が実際には役立つのかもしれませんね。
グレッグ君、もう少し賢くなってもいい気もするけど(苦笑)

あの謎の死体は子豚ちゃんでしたか。
実験用に献体されてるのかな?
あの光景を見るとベジタリアンになりたくなるのがわかります。

爆弾処理班リーダーの強引さ、なるほど侍もこの気質を受け継いでしまったんだってちょっと納得しました。
2006-04-17-21:09
Garoto [ 返信 * 編集 ]

遅ればせながら、TBさせていただきました!
第2話はブラウン管から匂いが漏れてきそうな内容に終始顔をしかめながら観てました(笑)
子豚の腐乱実験でバケツを渡されたグレッグがかなり気になりましたが、実験が無事行われたと言うことはバケツいっぱいの尿がとれたってことでしょうか?
今回ニックの出番が少なかったのが寂しかったですがやっぱり本家はいいっすね♪
2006-04-19-11:53
marsa [ 返信 * 編集 ]

ニック、地味でしたね。
髪の短さばかりが気になり
(ついでにそろそろ額フェチの私のお気に入りに登録されそうだし・・・苦笑)
次回はニックの活躍を期待します。
グレッグ、尿集めに専念したのかな。
ご苦労様でした。
TBありがとうございます。
2006-04-19-21:01
Garoto [ 返信 * 編集 ]

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
CSI:5 第2話「凶悪な躾け」 感想編
大掛かりにネズミ(本物?CG?)を大量に使っての導入で、思わせぶりかつウォリックとキャサリンの努力と苦労をたんまり見せておいて、あっさり「事故でした~」と解決してしまうのにはびっくりしたが、それも戦慄の事件の幕開けに過ぎなかった、みたいな。普段、爆破シー …
2006/04/17 12:09 くまぷーの海外ドラマblog
CSI(ベガス)とNY
甘味ツアーから帰ってきて、晩御飯を食べてから見ました。まずベガス。しょっぱなの鼠に思わず悲鳴を上げる。作り物(CG)だと分かっていても鳥肌モノ;死体はとても痛そう …
2006/04/17 22:00 SAKURA咲イタ
CSI:5 #2
CSI:5科学捜査班、第2話「凶暴な躾け」(概要) (いきな... …
2006/04/18 00:55 unaG -2nd Season-
CSI:S5 第2話 凶暴な躾 Down the Drain
第2話 凶暴な躾 Down the Drain (CSI:S5)《注:ネタバレ感想あり》まずはストーリー>>ベガスでそう降らない大雨の夜。ホームレスが住処とする雨水用の排水路の水かさが上がりしまいには洪水が起った。それによって遺体が発見されるのだった。調べを進めていくキ …
2006/04/19 11:49 Marsa's Journal