Southland S5-#10 「最後の審判」

事件から2週間。
クーパーはデスクワークをすることで職場復帰。
周りは彼を気遣います。
署は事件の犯人を追って大掛かりな捜査を継続中。
クーパーのカードが使われたATM画像や
クーパーが覚えていた硫黄の匂いなどから犯人像が浮かんできて
事件解決に結びつきます。

クーパーは自分のことは自分が一番よくわかると平気なフリをしているけれど
精神的ダメージは大きくなっています。
そして彼女に子作りのことを持ち出すと、別れたいと言われ
夜中にまた発電機の音がうるさくなって、隣人に文句を言いに行ってトラブル発生。
相手の銃を取り上げて殴りつけていたらパトカーが来て
クーパーが手に銃を持っていたので迷わず発砲しました。
被弾したクーパーの顔を見て、彼らは警官を撃ってしまったことに気づきます。
もう遅いよね。
ここまで苦しみながらも生き延びてきたクーパーがなんでこんなことに?

アダムスはクラークに子守を頼んで現場へ。
やはりアダムスの心の拠り所は元パートナーなんだね。
一方ブライアントの自宅を襲った犯人が
シャーマンのGFの兄のクリスだと判明。
お互いに嘘をついていたこと、
それがお互いを守るための嘘だったかもしれないけれど
傷つけ合ってしまいます。

パートナーについていろいろと考えさせられる本作で
ラストにとても素敵なおまけつき♪
TWカルドクファン限定ですけど・・・

ルセロ殺害事件の捜査で
どこかからウィリアム刑事が投入されてきました。
それがドクだったのでびっくり!
しかもこの刑事、態度はでかいしやりたい放題だし
先にATM画像をゲットしていたりして
アダムスにとっては迷惑な存在。
思わずパートナーの大切さを指摘しちゃいましたが・・・

でもドクにとってはカルロスは大切なパートナーで
最後は自分のせいでカルロスに苦労をかけていたから
せめてもの恩返しをしたい強い思いがあったと考えると
この突然の強引ぶりもとても納得。
ロビンソンが表彰されたときの悔しそうな顔とか
とてもわかりやすかった!!

本当は生きているカルロスと再会できたらもっと楽しかったのかもしれないけれど
カルロスのために頑張るドクの姿を観られて幸せでした。
このまでひっそりTWを引きずってくれた製作陣に感謝します。

TWの感動のラストはこちら

ついでにルセロ妻が疑っているルセロのゲイ疑惑。
クーパーは否定してたけど、妻には十分思い当たるフシがあったようで
ゲイを嫌悪している素振りは、実はそうだったのかも。
きっとどうにもならなかったと思うけど
クーパーに密かに想いを寄せていたのかな・・・うーん。

これでSouthland完結です。
こういう骨太ドラマをまた観ることができるでしょうか。
とりあえずSVUとChicago Fireが引き継いでくれているようには感じていますが。
スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ