INDEX    RSS    ADMIN

Shetland S2 「汚れた刻印」

Shetland S2を視聴。
IMDbではS1は一話の扱いになっているため今回のシーズンはS3になっていますが
前シーズンと違うところは3話(本国では1時間×6のだったようです。)で事件が終結するところ。
長丁場でした。
Dickensianもそうだったけど、AXNミステリーはエピソードを合体するのがお好きなようで
今回はもともとの1話が60分近くたっぷりあるのにそれを2話ずつセットして
2時間きっちりの3回分を2週間でオンエア。
1回分がまるで映画並みの濃密度ですからね。
充分重たかったんだけど、一気に観てしまいました。

フェリーでシェトランド島に到着した女性が
船内で親しくなった男性が行方不明になったと伝えてきます。
男性はその前にほかの男と言い争いをしていて
事件に巻き込まれた可能性が。
一方海岸にはMDMAが大量に流れ着き
麻薬の密売が浮かび上がってきます。
そのうち争っていた相手の男性が殺害され
彼は証人保護プログラムを適用され
島に来ていたことが判明。
グラスゴーの犯罪組織との関わりが見えてきます。

こんなに田舎ののんびりとした
羊しかいないようなところでも殺人事件が起こります。
前回はミルナーが焼死体で発見されていたっけ。
今回も最初は不可解な出来事から殺人事件に発展
事件はどんどん大ごとになり、過去にさかのぼり
まさかの結末が待っていました。

このドラマの魅力は
まず荒涼としたシェトランドの風景でしょうか。
真冬じゃないと思うけど寒々としていて
何もない土地に道路が一本通っている。
そんな田舎で起きる事件の興味深さです。
グラスゴーに行く時は飛行機で。
今回はペレスは何度もグラスゴーに飛んでいたし
関係者を空港に迎えに来ていました。
シェトランドに比べるとグラスゴーは大都会です。

スコットランド訛りは何言ってるのかかなり意味不明ですが
独特のイントネーションも印象的です。
ジミー・ペレス役のDouglas Henshallはグラスゴー出身だし
サンディ役の人は本当にシェトランド出身なんですね。

そして素敵なのがジミー・ペレスの人柄。
警部にもいろいろなタイプがあるけれど
彼は冷静沈着型。
落ち着いて考えて部下に適切な指示を出し
ブチ切れたり、強引なことはしない感じで
フォイルに似てるのかなと思います。
そうなるとサンディがミルナーで、トッシュがサムですか。
窮地に陥っても動じず、堂々と対応している姿がかっこいいです。
プライベートも独特で
妻を亡くし、彼女の連れ子のキャシーを
キャシーの実父のダンカンと一緒に育てています。
ダンカンが今の妻とうまくいかなくなって泊めて欲しいとやってくると
泊めてあげるし。
このふたりのお父さん!が微妙な位置にあるのに
いい感じに気遣い助け合ってるところが面白いです。
グラスゴーの大学に通っているキャシーはブラジル人のBFができ
サンパウロへの移住まで考えています。
シェトランドに比べればブラジルが安全だと思ってるみたいだけどとんでもない!
それだけは止めるべきですが(苦笑)
証人保護プログラムに関わってきた人物アーシャ(Good Wifeのカリンダでした)と親しくなったペレスは
彼女との恋愛関係が深まるかと思いきや、なかなかうまくいかず
そんなところも慎重派で、ダンカンが心配するのも微笑ましかった。

捜査の過程で犯罪組織関係者に拉致され、レイプされてしまったトッシュ。
SVUもいないし、大丈夫だと頑張っていたけど相当辛そうでした。
異動願いを出したということは、新シーズンがあるときはもういないのかな。
それより新シーズンはあるのかなと
是非続きが観たいドラマです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント