INDEX    RSS    ADMIN

Tyrant S2-#9 「内なる闇」

サミーと再会したバリーは
モリーに電話で連絡。
モリーは全く信じられずショックを受けます。
しかしジミーにはバリーのことは一切触れず
サミーのためにアブディンに残ると決意を伝え
ジミーをアメリカに帰らせます。

サミーはバリーを許そうとしなかったけれど
バリーは何があってもサミーを守ると誓い
共に戦うことにします。

ジャマルは自分がどうしていけばいいのか分からず
どんどん弱気になってきます。
カリフェイト攻撃に際してもラミ・サイードと意見が対立。
自分が信頼できる相手はハリールしかいないと考え
バリーに電話を掛けてきます。
もちろんハリールだと信じきって。
弟と話していることに気づかないのが不思議なんですけど
切羽詰まってるジャマルには疑う余裕なんてないんですね。
バリーはラミとコンタクトを取りたいけれど
全てを仕切るのは大統領のジャマルです。

だが今度はラミからバリーに連絡があり
二人は密会し作戦を練ります。
そのことを知ったジャマルはラミに文句を言います。

サミーはバリー率いる反抗勢力の仲間と意気投合し
銃を撃つ練習を始めるけどまるでダメ。
そこで女性兵士と親しくなりますが
突然攻撃を受け、逃げ惑います。
目の前で彼女は撃たれ、自分も怪我を負うことに。
バリーはサミーと連絡が取れず焦りますが
サミーは自分が無事なことをモリーに伝えていました。
ここに来て親子の絆はさらに強まります。

アハメドの子供を産めないナスラットは
アブディンを離れようと考えます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント