INDEX    RSS    ADMIN

Tyrant S2-#10 「誤算」

ジャマルはラミとバリーが連絡を取り合っていることを知り
ラミが大統領の座を狙っていると思い始めます。
そしてマハムドを呼んでラミの暗殺を指示。
マハムドは甥に任せるとして
あくまでも秘密裏に
ラミがカリフェイトに殺害されたことにするつもりでした。

モリーはビザの延長を申請したくて
アミラに連絡を取ります。
モリーが電話では理由を話せないと伝えると
アミラがモリーのホテルに来てくれることになりました。

ジャマルとレイラにアハメドと離婚するように仕向けられたナスラットは
ラミにロンドンに行くことを伝えます。
二人は半年後にロンドンで会おうと約束しますが
その様子をアハメドは盗み見ていました。

アハメドはナスラットが浮気をしていると避難しますが
ジャマルたちから離婚するように言われたと知って
アハメドは怒りを両親に向けます。

ラミが戦闘のプランをジャマルに知らせに来たので
ジャマルはびっくりします。
今頃車で移動しているはずなのに。
マハムドの甥が待ち構えている車には
ラミではなくモリーに会いにいくアミラが乗っていました。
このままではアミラが爆破されてしまう。
ジャマルは慌ててマハムドに連絡しようとしますが電話がつながらず
アミラの乗った車は爆破されます。

マハムドは甥にすぐに国外に出るように伝え
覚悟を決めてジャマルに会いに来ますが
ジャマルは車の爆破はラミのしわざだと
ラミを逮捕する計画を立てていました。
一方ラミは、爆破がカリフェイトにしては
手口が不自然だと不審に思っています。

ラミは逮捕され拘留されます。
ジャマルはソロモンに助けを求めますが
ソロモンはあてにならない様子です。

カリフェイトがアミラを殺害したと思っていたレイラは
いつ命を狙われるかと恐れていました。
しかしジャマルが息子を投獄する姿に
すっかりジャマルを信じられなくなったレイラは
銃を持ち出しジャマルを撃とうとしますが
すっかり自暴自棄になっているジャマルを撃つことができません。

砂嵐が来たらカリフェイトへの攻撃に行く。
ラミと決断しバリーは準備を始めます。
兵士は傷つき少なくなっていました。
サミーも同行するとバリーに願い出ますが
バリーは残るように言います。
でもサミーは一緒に戦いたくて
武器を使う練習を始めました。
サミーも一緒に行くことになったのに
疲れが出てきて一眠りしている間に
バリーは出発してしまいました。
サミーが目覚めた時はすでに遅く
サミーは悔しがります。

モリーはアミラが来ないので直接宮殿に出向き
アミラへの面会を求めます。
ところが通されたのはレイラの部屋。
モリーがレイラには用はないと告げると
レイラはモリーにアミラの死を伝えます。
ラミが投獄されているのを知ったモリーはバリーに連絡しようとしますが
電話を取ったのはサミーでした。
モリーはサミーに、政府軍がこないことを知らせます。
バリーたちには大きな痛手でした。

すっかりジャマルは壊れてしまい
やることがむちゃくちゃ。
自分の息子を投獄するかな?
ついにレイラもアハメドも、ジャマルを信じられなくなります。
宮殿内が危うい状態で、カリフェイトが攻めてきたら
どうするつもりなのでしょう。
アブディンの今後がとても心配です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント