Law&Order SVU S17-#22 「刑務官への奉仕」

元受刑者のシェリース・マッケイブが歩いていると、ライカーズの刑務官ギャリー・マンソンが車から声をかけ、シェリースを車に乗せる。
ケンとランチをしたフィンは、ケンからアレハンドロと家庭を作ることや代理母に3ヶ月になる男の子ができたことを聞き喜んでいると、ケンのところにシェリースから電話が入る。シェリースはギャリーにレイプされたと話す。
フィンがベンソンに伝えベルビュー病院に向かうと、シェリースは出所後も週一度会っていて、今まではフェラだけだったが、恋人とよりを戻したから嫌だと断ったら、叩かれレイプされた。ライカーズではギャリーは面会の担当をしていて、面会から房に戻る途中礼拝堂に連れて行かれた。俺を喜ばせるとよくしてやると言われ、待遇がよくなる代わりに奉仕させられたと話す。ライカーズは看守とギャングの力が強く、訴えても聞き入れられるわけがなく、どうせ黒人受刑者の戯言だからと信じてもらえないとシェリースは諦めている。
SVUはライカーズに行き、ギャリーについて情報を得る。ギャリーは妻とふたりの子供がいて刑務官として17年間ライカーズに勤務し、勤務態度はよく超過勤務が多かった。一方シャリースは薬物や売春で12回の逮捕歴があり、シングルマザーの黒人だ。シェリースの体内からはDNAが検出されず、バーバは調べても無駄だと捜査に否定的だ。捜査が知られたら、シェリースに危険が及ぶかもしれない。
ベンソンはライカーズでの売春組織とギャングの関係を捜査していて、組織に女性受刑者が絡んでいるという筋書きを設定し、ギャリーを利用することにする。そしてライカーズに出向きギャリーに女性受刑者について尋ねると、ギャリーは受刑者たちは「私は悪くない。」といって懇願してくると話す。さらにギャリーはドッズに、義父がドッズの父と知り合いだと付け足す。続いて監視カメラの映像を調べると、シェリースとギャリーが礼拝堂に入っていく様子が映っていた。入口では女性の看守が見張っている。礼拝堂の中にはカメラがない。シェリースは土曜日に母と娘が面会に来た後奉仕すると説明する。他に3人の受刑者が礼拝堂に連れて行かれたが、みな20~30代の黒人女性だ。
シェリースが逮捕されたと連絡が入る。恋人のジェイも逮捕されていた。SVUはホテルで男性の持ち物が盗まれたので、シェリースに面通しに来てもらうとして呼び出し事情を聴く。シェリースはマリファナを1本持っていただけでNYPDに逮捕された。携帯を捨てられ、車に押し込まれた。逮捕の理由がわからない。ライカーズから出ても家は知られているし、ギャリーに支配されているとシェリースは嘆く。逮捕の様子は角の店の監視カメラに収められていたが、確かに逮捕の理由がわからなかった。ジェイは軽罪の前科があった。シャリースの保釈金は5000ドルとなるが、彼女には払えない。

罪状認否でバーバは理由のない逮捕だとしてシャリースの保釈金の引き下げを要求し、捜査に必要だからと判事に耳打ちして自己誓約での保釈にしてもらう。SVUはシェリースやほかの被害者、ラターニャ、シシ、サハラに証言を頼むが、ライカーズで看守を訴えたら殺される。たとえギャリーが逮捕されても、彼の仲間にやられると拒む。釈放されたシェリースは町を出ようとするが、ベンソンに子供たちにのために人生をあきらめないでと止められる。
シェリースはワイヤーをつけてギャリーに接触、SVUはギャリー逮捕に備える。だがギャリーは車に乗らず、シェリースと歩き出す。シェリースはあなたに尽くしたら恋人を助けてくれるかと尋ねると、ギャリーはシェリースを廃屋に連れて行き銃で脅す。シェリースがヘルプを出したためSVUが突入しギャリーの銃を奪うと、レイプ未遂でギャリーを逮捕する。
ギャリーはシェリースがセックスと引き換えに彼氏を助けろと言ってきたので断ったと説明するが、シェリースがワイヤーをつけていた事を知っていたので話は筋を通していたものの銃で脅していたのは事実だ。バーバは今回の罪を認めれば、過去のレイプやレイプ未遂の件は問わないと持ちかける。
罪状認否でバーバはギャリーを第1級レイプ罪と第2級レイプ未遂罪で起訴するが、判事は保釈金20万ドルを言い渡し、再拘留は認められない。ギャリーの妻リサは夫は無実だと怒る。
SVUはギャリーの家の捜査を行い、ベンソンはリサに性感染症やHIVの検査を行うよう説得しようとする。
刑務官のオリータはタイムカードの偽装を自白。礼拝堂の見張りの見返りに、勤務時間を調整してもらっていたことを認める。ギャリーは毎週日曜日、6時に退勤していたのにタイムカードには深夜0時と記されていた。ギャリーは囚人デラ・カーターに目をつけていた。
デラの妹は法廷で、日曜の晩ギャリーがよく来て、息子が寝ている部屋の隣でセックスを強要する。ギャリーとは姉の面会で会い、、彼に尽くせば姉の面倒を見ると約束してもらったと証言する。続いてシェリースもレイプの強要を証言。オリータはギャリーは6~7人以上を礼拝堂に連れていった。お気に入りがいても新人が来ると乗り換えたと証言する。リサは夫は働き者で、家族を大事にしていると説明するが、帰宅時間の件を追求されると口ごもる。リサは本気でギャリーを信じていたようだ。
バーバは身の危険を感じる。法廷の外では今回の起訴は、勤勉な刑務官を侮辱する行為だ。バーバと裁判所は魔女狩りを始めたと関係者が抗議を始める。バーバは群衆の一人から脅される。

カリシは司法試験に合格、でもSVUで働き続けるようですが
ドッズはテロ対策班への異動が決定し
これがSVUでの最後の仕事になるようです。
そしてSVUはライカーズでの囚人が刑務官にレイプされる事件を調べ
証拠を掴んで刑務官ギャリーを逮捕。
法廷に持ち込んだところ、刑務所関係者からの攻撃に遭います。
一応身内ですから、裏切り行為に見えますよね。
看守が囚人に暴行を受けているというのもある話だし
囚人の言うことを鵜呑みにするなという怒りの声も上がるのは確か。

でもウェントワースのファーガソンの姿を見ていると
囚人の味方をしたくなりますよ。

SVUとバーバが徹底的に突っ込んできたため
危ない状態になってきています。
そして次回がシーズンファイナルなんですが
来週は「大草原の小さな家」マラソンでSVUはお休み。
早く続きが観たいのに残念!

ギャリー役の人に見覚えあると思ったら
「Everybody Loves Raymond」のロバートでした。
でっかいお笑いのおじさんのイメージだったんですけど
こんなところで悪者になっていたとは!!
スポンサーサイト

コメント 4件

コメントはまだありません
tapioca  
No title

ギャリー役の人、一瞬Walking Deadのニーガンかと思っちゃいました!悪徳レイピスト刑務官はほんと腹立たしい!でも個人的にウェントワースのファーガソンは闇深くてなんか憎めない…。

2017/08/06 (Sun) 21:20 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No title

ギャリー役の人はコメディのおじさんの印象が強かっただけに、キャラの違いが衝撃的でした。
ウェントワースの続きが早く観たい!!ファーガソンはまだまだ大活躍しそうですし。

2017/08/12 (Sat) 11:27 | 編集 | 返信 |   
tapioca  
No title

その辺の背景もニーガンと似てますね!残忍なニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガンも、スパナチュでの優しいパパの印象とのギャップがすごいですよね。わたしもウェントワースの続き観たいです。主役?だったビーに変わる誰かが出てくるのかな?ビーとすれ違いで蘇生したっぽいアリー?!

2017/09/23 (Sat) 19:51 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No title

Wentworthの続きはいつ配信されるのでしょう…待ち遠しいです。ビーの代わりが気になりますね。
SVUのS19もいよいよ本国でスタートするので、もうすぐ日本上陸するはず!と楽しみにしています。

2017/09/24 (Sun) 10:56 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ