INDEX    RSS    ADMIN

Banshee S1-#1 「Pilot」

huluをチェックするたびに新作ドラマに巡り合い
今回観たのはAlan Ballがクリエイターを務めるCinemaxの作品「Banshee」です。

強盗の罪で15年間服役していた男が出所すると
早速彼を恨む者がNYで彼を追ってきますがなんとか逃げきり
元パートナーのキャリーを訪ねます。
キャリーがいるのはペンシルバニアでアーミッシュが多く暮らす田舎町バンシー。
キャリーはここで地方検事と結婚し二人の子供の母親になっていました。
男はバーで飲んでいると、バンシーに赴任が決まった保安官のルーカス・フッドと出くわします。
そこに二人組の強盗が押し入り、フッドと激しいバトルが展開。
男も巻き込まれ、いつの間にかフッドと強盗たちは死亡していました。
バーのマスターは男に出て行くように勧め
男はフッドになりすますことを決めます。

フッドになりすました男はまだ若い町長に挨拶。
だれもフッドの顔を見ていないので、あっさり信じてもらえます。
こうして元囚人の男はルーカス・フッド保安官として
新たな人生をスタートしますが
キャリーだけが彼の過去を知っていたのでした。
町長がフッドを招いたのは
バンシーで精肉業を営む実力者カイ・プロクターが町を仕切り
保安官たちも彼の支配のもとにあったため
プロクターと関わりのない者を呼びたかったから。
フッドとプロクターの関係はどうなっていくのか。
NYのギャングも諦めていないようだし
偽保安官フッドの活躍(なのかな?)が気になります。

フッドを演じるAnthony Starrはオーストラリアで活動していた人で
善と悪の境界線をワイルドに生きる姿に期待できます。
あまり知ってる人がいないなと思って観ていたら
プロクターのパーティーの場面でカルロス君登場!
先住民のチーフ、ロングシャドーの息子として姿を現しました。
ついにラテン系から先住民にシフトですか?
とはいえ見た目はいつものまんまのカルロス君でしたが
アーミッシュが勢力を握る中の先住民たちは
どのように関わっていくのか
でカルロス君の役割は?
Quanticoのように1話でおしまいじゃなくて
2シーズンはしっかり出ているようなので
カルロス君チェックに励みたいと思います。

Cinemax作品なので大人向き?エログロ度強いです。
さらにBanshee Originsという偽フッドの刑務所時代が舞台の前日譚もあるようで
なかなか奥深いドラマです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント