INDEX    RSS    ADMIN

Major Crimes S4-#11 「フォーカード」

何者かが銃で撃たれた4人を病院に運び置き去りに。
そのうち3名は死亡、1名がかろうじて生きていました。
彼らはみな大金持ち。
調べていくうちに彼らは違法ポーカーをやっていたことが判明します。
4人を運び込んだのはお抱え運転手でしたが、彼は殺人に関しては無実を主張。
生きていた男性の娘が安否を気にして会いに来ますが
会わせる前にその男性も死んでしまいます。
そのうち胴元の女性や、もうひとり参加していた人物などが浮かんできますが
事件とは結びつかず。
真犯人は意外なところにいました。

運転手が事情聴取を受けているとき
息子が様子を見に来るんですが
その息子と、被害者の娘が顔見知りだったんですね。
運転手は息子に仕事のことを話していたから
息子は金を得るチャンスに気づいたわけで
それにしても大胆な犯行でした。

胴元の女性を追っているとき
彼女が警察の姿を見てもまったく躊躇せずアクセルを踏みっぱなし
そこでフリンが体を張ってドアに飛びつき
結局振り落とされてしまいました。
プロベンザが心配すると、フリンはレイダーに伝えないようにと強がります。
でもそれなりの怪我をしていて、結局レイダーの家でお世話になることに。
フリンは痛い思いはしたけれど、
ひとつステップを上るいい機会になったのかもしれません。

アリスの事件が解決したら
今度はラスティはスライダーを追って行きたくなりました。
あくまでも裁判を邪魔しないように
彼の人生をブイログで伝えていきたいようですが
ラスティはいきなりグローブ判事の前に現れ、要求を伝えます。
ラスティの怖いものなしの態度は本当に立派。
一応手順を踏んでということになり、レイダーとも相談。
レイダーのこっそり後押しもあり、判事はラスティの願いを聞き入れてくれました。
さらにUCLAに編入してコミュニケーションを学べというおまけつき。
努力は報われるものなんですね。頑張れ!

ところで被害者たちが運ばれた病院に
サンチェスは暗い過去があるようですが
いつか詳しく語られるのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

サンチェスの過去と結婚指輪

S4 #2「割れた卵」のラストで、サンチェスには持病をもっている妊娠中の奥さんがいたことがわかりました。
ところが、主治医が薬の服用をやめていいと言われ、その結果、発作が起きて事故で奥さんもお腹の子どもも失ってしまい、それが怒りを抑えれなくなった原因だというエピソードでした。
きっと、その主治医が今回連絡を取ろうとした医師ではないかと思います。
また、怒りを抑えれなるんじゃないかとサンチェスを心配してしまいます。

No title

かりさん、サンチェスの過去について詳しく教えていただきありがとうございました。
そんなことがありましたね・・・と記憶が蘇ってきました。
今後サンチェスが納得いくような展開へと繋がればいいんですけど、再び怒り爆発となる危険性もありますよね。心配しながら見守っていきたいと思います。