INDEX    RSS    ADMIN

The Path S1-#5 「暗中模索」

7Rの修行のために森の中に大きな穴を掘ったエディには
サラとカルの親密な姿が見えてきますが
カルに何が見えたか尋ねられたとき
エディは何も見えなかったと答えます。

サラは朝ホークがいないことに気づき
エディにも伝え、みんなで探しに行きます。
ホークはアシュリーとそのまま森で寝ていて
目を覚ましたら朝になっていました。
慌てて帰宅したら、家族や信者たちも戻ってきて安堵します。
何があったかホークが黙っていると
ジョイがホークとアシュリーの関係を暴露。
サラはすぐにホークに学校をやめさせると宣言しますが
エディはもう少し落ち着いてからとストップをかけます。

信者と俗人が交際することはタブーだし
16歳になったら信者は学校に通うこともできなくなる。
厳しい掟があるようです。
ホークはアシュリーとは何もなかったし
アシュリーが悪い子ではないと説明しますが
サラはこれでホークが離脱するようなことがあれば
共に光の世界に導いてもらえなくなると危惧しています。
サラは過去にも家族が離脱していて
その苦しみを引きずっているようです。
結局ホークはアシュリーにもう付き合えないと伝え
サラには反省して樹を植えると答えていましたが
これで収まるのかな?

サラがフレディと母をクスコに送ったことで
カルはジョンに激しく責められ、サラに怒りをぶつけます。
サラはフレディの治療のためにこうするしかなかったと答えますが
カルはなんとか止めさせなければなりませんでした。
カルはジョンの部下に叩きのめされます。

FBI捜査官のエイブはアリソンに会って
夫の自殺について話を聞きます。
メアリーの父が娘を奪われたとエイブに訴え
エイブはマイヤリズムを調べていますが
ついに入信を決意。
潜入捜査のためだとしても
この潜入はなかなか厳しいかも。
メアリーはカルに言われるままに
ショーンと関係を持ちますが
カルは自分のことでいっぱいでメアリーの話を聞けず
メアリーも不満そう。

カルが不安定だと
信者たちも不安になってくるだろうな。
カル自身、落ち着こうと必死で祈っていましたが。
ホークの反抗心は楽しみです。
彼の中でエディの気質とサラの気質が戦っているわけだし。
ホークが良し!と思ったように
進んでいければいいけれど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント