INDEX    RSS    ADMIN

OZ S6-#4 「錯綜」(ケラー語録)

(ビーチャー、ケラーの弁護のためにOZに戻ってくる。緊張しため息をつきながら死刑囚監房に向かう途中シスターピートに会い、ピートからサイードの死を聞かされる。)
(FBIのテーラーからティベッツ殺害の件について言い渡される回想シーン)
「今日正式な書類を裁判所に提出してくるよ。」ビーチャーは房の中で腰を下ろして話しかける。「トビー、チャンスはあると思うか。向こうには目撃者がいるんだぞ。」「ああ、そいつが鍵だな。何故ジェリー・ヒーキンは、警察に連絡するのに4年も待ったのかが一番の謎だ。事務所が調べたら」「麻薬で逮捕歴があった。親父さんに聞いたよ。」とビーチャーの説明をさえぎる。「そして去年、3度目の逮捕だ。スリーストライクだよ。そこでやつらはFBIに取引を持ちかけ、お前の死体遺棄を見たと言ったんだろう。奴がお前を見たかどうかは、この際重要じゃないんだ。細部についてはテイラー捜査官が相当入れ知恵したと俺は睨んでる。」ビーチャーの説明を落ち着かない様子で聞いている。ビーチャーは書類を取り出す。「FBIの最初の取調べでは、ヒーキンは懐中電灯のことは一言も言ってない。それが後になってから、突然地方検事に懐中電灯のことを話してる。何かおかしいと思わないか?だろう。だって、死体を捨ててるときにライトで照らされたら、どんなバカだって気づくだろう。」「ああ、そうだ、俺だってマクレーンにずっとそう言ってたさ。」「俺の作戦はこうだ。ヒーキンが本当に取引してるなら、逆手にとって証言はでたらめか、テイラーが詳細を教えたんだと言うことができる。信用できない目撃者と検察側の違法行為で、判決を覆す事ができる。」ビーチャーが立ち上がると、「すごいじゃないか。」と言って笑いながら近づき抱き合う。「おまえたち、大声で笑うんじゃない。」とロプレスティが注意する。「それじゃ、俺は裁判所に行ってくる。」とビーチャーがコートを手に取ると行く手を阻んで「まだ裁判の話しかしてないじゃないか。」と声を掛ける。ビーチャーがうろたえると「平気か?今度はサイードまで死んじまって。」ビーチャーは言葉が出ずうつむく。「かわいそうに。辛いだろうな。」ビーチャーはうつむいたままだ。「毎日何してる。自由になって。」「ああ、そうだな。動物園にサッカー観戦。みんなでしょっちゅう出かけてるよ。子供と一緒なのが何より楽しいんだ。」ビーチャーの答えに笑う。「些細な事だけどな。宿題を見てやったり、PTAの集まりに出たりとかな。ホリーの先生は愉快で頭のいい女性でね。お前も気に入るよ。いつも笑わせてくれる。」一瞬顔を曇らせるが、「よかった、トビー。」と言ってキスをし抱き合う。「俺も嬉しい。」再びキスすると「おい、言ってあるはずだぞ。キスはよさんか。」とロプレスティが怒る。「時間だな。」と言ってからビーチャーの耳元で「ここから出してくれ。」と囁く。ビーチャーがうなずくと「ロプレスティと別れさせてくれ。」とさらに声を掛ける。ビーチャーは房から出て行く。
シスターピートの部屋に呼ばれる。「おはよう。」「今日もきれいだ。」「あら、今日はえらくご機嫌じゃない。さてと、ああ、新しい法律が決まって、6ヶ月ごとにあなたたち死刑囚の精神状態をチェックする事になったの。今日はあなたの番。」立ったままピートの説明を聞いていたが腰掛けてピートの方を向く。「で、精神状態はどう?」「ビーチャーは俺が近いうちに死刑囚監房を出られると思っている。」「ああ、聞いたわ。さっき彼に会ったから。」「あいつどうだった。」「そりゃ、お父さんとサイードの死ですっかり落ち込んでいるように見えたけど。」「ああ、だがそれ以外には」と聞きながら花の匂いを嗅ぐ。「具体的にどういうこと?」再び立ち上がって一呼吸置くと「奴は恋してる。」と言い出す。「本当に?彼が言ったの?」「見ればわかる。」また花の匂いをかぐ。「それで、それを知ってどんな気持ち。」花を置いて「さあ、どうかな。」「いいでしょ、クリス。ごまかさないで。それを聞いて、どんな気持ち。」ピートがゆっくりと尋ねるとすかさず「ハッピーさ。」と大声で答える。「彼のために?」「ああ。」「でもあなたは?」「嫉妬している。」うつむいて歩き続け落ち着かない。「その嫉妬をどうするつもり?噛み砕く
飲み込む?全てを打ち消す?」「ああ、そうするさ。」と怒鳴りつける。「ビーチャーは俺の欲しいものを持ってる。俺だって欲しい!」ピートはじっと見ている。「俺が死刑になっても奴はこの先ずっと生きていく。自分の孫に囲まれながら。俺だってそうなりたい!」とまた声を荒げる。が落ち着き小声で「少しぐらい妬んでも仕方ないだろう。」と言って座る。「ええ、だけど彼を本当に愛してるなら、妬むのは止めるのね。」黙って聞いている。ピートが看守を呼んで「変わったことはなかったと記録には書いておくわ。」と言うのを聞いて部屋を出る。
シリンガーが死刑囚監房に郵便を運んでくる。「郵便だ。」「よお、バーン。ローエンのこと聞いたぜ。」と声を掛けると「悲劇だよ。全くの悲劇さ。」とシリンガーが答える。そこにビーチャーが入ってくる。
「こりゃこりゃこりゃ、見てくれ、また三人揃ったな。感動的だ。」ビーチャーはシリンガーに声を掛けるとポケットから書状を取り出し、「やあ、バーン。待ってくれ。一緒に聞いてくれ。ロプレスティもだ。」と言って読み始める。「当裁判所は指摘されたこの問題の優位性を注意深く考慮した。ここはは飛ばそう。原告の主張は的を射たものと判断せざるを得ないと考える。」格子越しに横から書状を覗いていたが「つまり」と尋ねるとビーチャーが振り向き「死刑はなし。」と答える。「マジで?」「マジで。」
「イエェ!」喜びの声を上げた後、「トビー。命の恩人だ」とビーチャーを抱き寄せる喜ぶ。「恩に着るよ。感謝してる。」シリンガーは焦りを隠せず立ち去る。
荷物を持ってB区画に来る。シリンガーがじっと見ている。
ジムでトレーニングしているフランクリンに近づく。「ウィンスロップ」ぐっと顔を近づけフランクリンを見る。「あんた、ケラーだね。」「うん。」「あんたの話は聞いてるよ。」「へえ、お前の事も聞いてるぜ。それでお前に興味を持ったんだ。」「俺に興味を?」「魅せられたって感じかな。後で会おう。B区画の倉庫に来てくれ。」「いいよ。」話をつけるとその場を去る。フランクリンが後を追う。
倉庫に入ってきたフランクリンを捕まえるといきなり頬を掴みキスを始める。「上手いね、ビーチャーにぞっこんだと思ってた。」フランクリンをかがませ「ビーチャーがお前を紹介してくれたのさ。」「どういうこと?」「お前の事を知った理由を知りたいか?」「ああ。」フランクリンの耳元で「お前がビーチャーの父親を殺すからさ。」と囁くとそのまま力をこめてフランクリンの首を絞める。「よせ、止めろ、放してくれ。」フランクリンは抵抗するもののぐったりする。
「よお、ケラー、一般房に戻れた感想は?」とB区画の囚人に聞かれ、「爽快さ。」と言いながら歩いていく。
oz6-4-3.jpg oz6-4-16.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント