INDEX    RSS    ADMIN

The Path S1-#10 「奇跡」

エディは組織からの離脱を決意。
背信者になると家族と会えなくなりますが
自分たちの子供だと、エディは日曜日には子供たちと会えるようにしてもらい
モーテルに移動します。
だが部屋の中に蛇が現れたり、おもちゃ屋さんにコウモリの死体が落ちていたり
エディは幻覚に悩まされます。

サラはサイラスが持っていたペルーの人形が事務所にあり
サイラスと連絡が取れないことを不審に思い始めます。
そして投票があった日のカルの行動を調べ始めますが
カルも警備員も、酒を飲んだカルがよって動けなくなっていたと説明します。

ショーンの両親が来て、ショーンとメアリーの結婚を祝福します。
メアリーはショーンの母からベールを預かりますが
メアリーはベールを被ってカルの前に現れ
本当に抱かれたいのはカルだと迫り、
カルはメアリーを受け入れます。

エディはエイブの娘が入院している病院に行き
自分は組織から抜けるつもりだと言いながらも
娘が救われるようにエイブに祈ります。
すると娘は手術前に血管がふさがり
手術の必要がなくなりました。

サラはカルに組織を共同運営していく決意を伝えに行きます。
カルは博士が現れると思っている信者たちに
ついに博士の執筆が終わり
ラストの3ステージが明らかになって
今までの教義の解釈が変わったことを伝えます。
そしてカルとサラが光の守護者になったことを宣言します。
背信者だったアリソンも組織に戻れることになり
3つの祝い事として
アリソンの復帰とショーンとメアリーの結婚
ホークの入信が祝福されます。
その頃エディはペルーに博士を訪ねに行きますが
センターは荒れ果てていて、博士の病室は空っぽでした。

サラはメアリーの父が再び娘を連れて帰ると脅しに来たのに対応し
父が投票の晩、カルが慌てて車で外へ行ったのを見たと聞き出します。
さらにカルのPCに博士の執筆が残っていることを発見。
カルは博士が末期ガンで、組織を自分に託していたことを白状します。
サラはカルにサイラスの行方を聞き出そうとします。

1シーズン終了。
次シーズンは来年の配信になるのかな。
続きが大いに気になります。
組織に不信感を抱き続けてきたエディは
結局離脱しますが幻覚に悩まされ
さらにカルの嘘を知ることに。

サラはエディが離脱するために別居を余儀なくされ
エディが立ち去ったことを悲しんでいます。
もっとショックなのはサマー。
エディがクリスマスにプレゼントしてくれた魔法のペンで
部屋中にパパへの思いを書いているのが切ないです。
ホークは諦め、悟りの境地なのかな。
このまま組織に吸い込まれちゃうのは
残念な気がするけど。

サラが光の守護者になることを受け入れた裏には
サイラスの失踪の解明など
カルの秘密を暴こうとする思惑もあるのでしょうが
この先どうなるのかな。
カルには組織を運営する力量が本当にあるのかも謎だし。

新興宗教というテーマが独特で興味深く
1シーズンあっという間に観てしまいました。
もっと注目されていいドラマなんじゃないのかなと
ひそかに思っています♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント