INDEX    RSS    ADMIN

Major Crimes S4-#19 「重い十字架 パート1」

重犯課には珍しい長期戦の始まり。
事件解決まで5話分あるようで、複雑な展開が待ち受けていそうです。

深夜アフリカ系の女性と幼い子供が車内で銃弾を受けて死亡。
チャイルドシートの下からドラッグと現金の束が発見されます。
事件が起きたのはラテン系ギャングの縄張り。
アフリカ系ギャングとの抗争が始まりそうな、緊張感が高まります。
サイクスが現場に落ちていた銃弾を鑑識に回すと
その銃は12年前に警官と検事が殺害された銃だと判明。
詳細を元刑事だったヒックマンが知っていると教えられ
サイクスはこっそりヒックマンと接触します。

12年前の事件の捜査に関わっていたのはタオくらいで
ライダーは内務調査にいたんですね。
当時の資料や映像の分析をしたり
被害者の警官の妻の刑事がチームに加わったりして
今の事件と過去の事件を関連させながら
捜査が進められていきます。
そこで名前が上がってきたのが教区の神父のプライス。
教会がドラッグの取引場所になっている可能性があり
撃たれた女性の車から見つかった現金も
教会の封筒に入っていました。
重犯課は神父を事情聴取して教会の捜査に入ることにしましたが
なぜかヒックマンが先走りして教会に入り込んでいます。
そして教会の祭壇の中から、殺害に使われた銃が出てきました。

実母シャロンの恋人ゲイリーに追われたラスティは
全く連絡してこないシャロンと連絡を取ろうとします。
プロベンザに頼み込み、住所と電話番号を教えてもらうと
ガスの協力を得てシャロンに連絡することにします。
ラスティが直接会いにいくのではなく
ガスがシャロンを訪ね、
テレビ電話を使ってラスティと話してもらうことにしました。
シャロンはラスティの姿を見て大喜びしますが
そのうち連絡してはいけないと焦りながら電話を切ってしまいます。
ラスティは納得できず。
またシャロンに何か問題がありそうです。

銃撃事件の方は起きたばかりですが
シャロンに何があったのかも気になります。
ラスティとガスの関係が良好なのは素晴らしいこと。
恋人というより素敵なパートナーに思えたけど
それはちょっと気が早いかな(笑)
お互いに苦労しているだけに理解し合えるし
この関係を大切にしていってほしいなと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

リアルママが迷惑かけるのかなと心配していたら、まったく違う展開になりそうですね。
ラステイを巻き込みたくないという必死さに、心打たれました。

ヒックマンが先回りしていた・・、
証拠を仕込むとか、またねつ造が疑われそうな予感。
サイクス、とばっちり受けそうでこっちも心配です。

No title

ヒックマン、かなり訳ありっぽい。
捜査をかき回してくれなければいいんですけど。
そしてサイラスもチームプレイに徹しましょう・・・心配です。

ラスティのリアルママ。更生に向けて努力していてもなかなか難しいんだね。
今はラスティにレイダーや重犯課の仲間たちの他にガスの存在もあるから心強いけれど、ラスティを苦しめないで欲しいなと願っています。