INDEX    RSS    ADMIN

Criminal Minds S11-#7 「危険なキャンパス」

JJが産休から復帰。
メンバーが揃うとホッとします。

ロッシの娘のジョイが取材をしていて
女子大生の拉致事件に遭遇。
今までも幾度かあり、警告をしていたところで
今回のバーニの失踪で
ジョイはロッシに捜査を頼みに来ます。

バーニは友人と一緒に男子のパーティーに呼ばれ
酔っ払ったまま一人先に帰っていく様子が
通りの防犯カメラに映っていましたが
その様子を見て、後を追う怪しげな男がいます。
その男サムはタクシーの運転手でその後客を乗せていたアリバイもありましたが
何か隠していそうとジョイが追いかけ詳細を聞こうとすると
サムはジョイを裏通りに連れ込み暴行を加えようとします。
ロッシがジョイの動きに気づいて追ってきたので大事には至らず
サムは逮捕されますが
案の定女性を拉致した過去がありました。

ジョイがこの事件にこだわっていたのは
自分自身が過去に酔っていて襲われかけたことがあったから。
女子大生が酔っていて襲われても自己責任ぐらいにしか見てもらえず
被害を訴えることができないのが現状です。
そんなことはないから、きちんと訴えて欲しい!
SVUの人たちに代わってお願いしたいです。
そうでなければ予防線を張るしかないのかな。

バーニを拉致したのはテイクアウトの中華料理を提供していたトムでした。
トムは父親に虐待され続けていましたが
その父親も病気を患い、トムが介護をしなければなりません。
父親に怒鳴られる中で、こっそり自宅の2階にバーニを運び込み
鎖でつなぐとカメラで監視をしていました。
トムの場合は、バーニを痛めつけるというより
独占欲が強かったんですね。
いつもバーニが買いに来てくれるから、彼女の好みもわかっていて
しっかりお気に入りの食事を用意したら
それをバーニがうまく利用して催涙スプレーを作っちゃいましたが
騒ぎを聞いて父親が現れ
ニュースで捜索願が出ている女性だとわかったとたん
始末しろと命令。
やはり危険な父親です。
その頃はBAUがトムの存在を突き止め助けに来たので
バーニは無事に救出されました。
父親に虐待されていた息子が、女性を拉致する話って
これもよくあるパターンですよね。
もちろんトムは大きな罪を犯しているのだけれど
もっと前に彼を救えなかったのかなともちらっと感じました。

ジョイがペンネームでロッシを名乗っていることを知って
喜ぶ父親ロッシ。
これからでも素敵な親子関係が築けそうです。
最後にガルシアが感じた恐怖。
モーガンが守るって宣言してくれたけど
何が待ち受けているんだろう。心配です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント