INDEX    RSS    ADMIN

Banshee S2-#3 「戦士の階級」

キナホ族の少女とアーミッシュの少年が恋に落ち
それだけでもう十分危険な空気が漂うのに
少女が遺体で発見され、少年が行方不明になってしまったので大変。
しかも行方不明の少年がレベッカの弟だったので
カイは先住民の仕業だろうとぶちきれて暴力を振るいまくるし
もちろん先住民側も負けておらずシャイトンという巨大男が暴れるし
仲裁に入る警察も巻き添えを喰らいます。
いつものようにルーカスはボコボコにされるけど
ここでめげないのがさすがルーカス。
先住民の居住地に令状なしで入り込むことはできないのに
どんどん入っていって情報収集しようとするし。
怖いもの知らずなのは本当に立派。
さらにレベッカも何者かに追われて襲われかけて怪我をし
カイが黙っているわけないですよね。
先住民側はノラがやる気満々だし。
このバトルはさらに激しさを増しそう。
でも相変わらずアレックスにはパワーがありませんが・・・

キャリーは刑務所で静かに服役中。
ルーカスにそうするよう釘を刺されました。
ゴードンに助けを求めるものの、相手にしてもらえず。
今は耐えるしかなさそうです。

そんなとき本物のルーカス・フッドの息子のジェイソンが
偽フッドに会いにやってきます。
いきなりフッドを名乗ることはなく様子を伺いますが
何故別の男が父の名を語って保安官をやっているのかを問うと
ルーカスは隠すこともないので正直に暴露。
父は殺され、殺した相手を倒した自分が保安官になっていると伝えます。
実はジェイソンは父と疎遠になっていて
ジェイソン自身が追われる身のようで
別人になって姿を消したいと考えていました。
ルーカスはその要望を受け入れ手助けすることにしますが
もしジェイソンが余計なことをしたらただでは済まないと
食事をご馳走してもらった先のシュガーに脅されます。
これでとりあえずルーカスの過去は暴かれずに済むかな。

格闘の末怪我が絶えず、ボロボロ状態のルーカスを
ショバーンは食事を作るからと言ってトレーラーに招待します。
そして飲んでいるうちにそのままベッドへ。
ルーカスの女性遍歴も相当のもんですよね。
すでにキャリーだけでなく、レベッカ、ノラ、そしてショバーンですか。
来るものは拒まずというより
ルーカスのところに来たくなってしまう
それだけの魅力を兼ね備えているのでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント