INDEX    RSS    ADMIN

コールドケース #9 「約束」

事件当時から時間が経っている方が面白いコールドケース。
今h会は1970年、大阪万博の開かれた年
高度経済成長期、こんなこともあったのかと驚き考えさせられるエピソードでした。

県内で起きた少年少女連続箱詰死体遺棄事件。
それに類似した事件が46年前にも起きていたということで
コールドケースの扉が開かれます。
さらに事件の手がかりとなる捜索のビラや写真が入っていたトランクが署に届けられたことから
身元不明の少年は児童保護施設「聖母・子供の家」に預けられていた
あきら君だとわかります。
あきら君は死の直前に小田原に住む里親に引き取られていたはずでした。
だが里親だという人物は戦後すぐに死亡しており
あきら君の姉は健在でしたが、遺体の写真は見た目が違い弟だとは思わず
実際DNA鑑定したところ姉弟ではないことが判明。
またあきら君と一緒に写真に写っていた男の子達は
みな心臓を患って死んでいたり、今も心臓疾患を抱えて生活していました。

どんどん謎が深まる事件。
当時子供の家で子供たちを世話していたシスターの一人は亡くなっていましたが
もうひとりのシスターは当時のことを語ろうとしません。
あきら君は虐待されていたのかもしれません。

科学クラブのメンバーだった一人が当時
亡くなったシスターに連れられて
病院で実験を受けていたことを思い出します。
病院では新薬の人体実験に子供たちを利用。
公害病の喘息が治るからと試したようですが
その副作用で子供たちは心臓を患うことになってしまいます。
さらにシスターは病院の医師と恋仲で
あきら君はシスターの子供でした。

シスターが結婚、出産は許されず
あきら君は身寄りのない少女と姉弟ということにされ
子供の家に連れてくることになりましたが
落ち着きのない子で里子に出してもすぐに戻されてしまいます。
今なら彼の持っている障害が診断でわかると思いますが
シスターは彼を引き取ってもらうために
なんとか大人しくさせなきゃとこっそり病院へ運び込んで
ショック療法を行ってもらいます。
人体実験も恐ろしいけれど、ショック療法も普通に行われていたんですかね。
ぞっとすることばかりですが
その失敗であきら君は死亡。
もうひとりのシスターが死体遺棄を提案し
シスターは我が子を箱に詰め山に置くと
その後も遺棄した場所に祈りに行っていました。

あきら君が万博に夢中で
将来お姉ちゃんと太陽の塔の下で再会しようと約束していたようです。
でもお姉ちゃんは再会できず、約束は果たせませんでした。

今回も当時を伝える楽曲が使われていましたが
ラストシーンにLet It Beが流れ
時代的にもストーリー的にもベストだなと感激。
この曲のために作った話のようにさえ感じてしまいました。
日本版コールドケース、よく頑張ってるなと思っているうちに
次回が最終話です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント