INDEX    RSS    ADMIN

Banshee S2-#9 「ホームカミング」

ジョブはNYでラビットを追跡。
ラビットとつながりのある牧師を見つけて訪ねるが、
牧師はラビットの弟で彼を始末しようとします。
逃げたラビットは車にぶつかって脳しんとうを起こして病院へ。

エメットはバッジを返し、もう警察に戻る気はありませんでした。
ショバーンはルーカスの真意が掴めずにいます。
ブロックは倉庫の爆破の不審点に気づき
ルーカスが何か隠しているのではとゴードンにもちかけます。
キャリーは自宅に帰り、ゴードンに自分の過去について話します。
ゴードンも理解し、ふたりの関係も好転してきます。

刑務所のカイにシュガーが面会に行きます。
カイにルーカスとの関係を問われると
シュガーは上手くはぐらかします。
その後カイの母親が面会に来て
いつでも息子の味方であることを約束します。

アレックスはカイへの攻撃を表明。
レベッカを味方に付けようとします。
だがアレックスはハンターに脅されます。

ジョブは病院を抜け出そうとしたけれど不可能で
ルーカスに電話で助けを求めます。
ルーカスはショバーンにすぐに町を出ると伝えると
ショバーンの不審感はますます増してきます。
署へ行ったルーカスは当直のブロックに後を任せ
ゴードンの家に行きキャリーを呼び出します。
事情を理解したキャリーはラビットを倒しに行くと
ゴードンを説得しようとしますがゴードンは納得せず
ルーカスを抑えながら二人の関係を尋ねると
キャリーはルーカスはデヴァの父親であることを明かします。
そして二人はそのままNYへ。

病院ではラビットの手下が待ち構えていて激しい銃撃戦に。
どんな敵でも確実に倒していく最強のコンビは
今回も無事にジョブを助け出し
病院から避難する患者たちに紛れて脱出しましたが
ルーカスを追っている刑事に姿を見られていました。
ルーカスとキャリーは今度こそラビットを倒す決意を固めます。

ラビットはずっと探していた娘に命を追われる現実を憂いていましたが
今度こそキャリーは倒す気満々。
次回、さらにハードなシーズンファイナルになりそうです。
そしてルーカスとキャリーの過去を知ってしまったゴードンは
この先どうするのでしょう。
もちろんデヴァも。
さらにルーカスはあちこちで不審がられているし。
心配事だらけです。
アレックスはどう考えても墓穴を掘りそう。
カルロス君だから仕方ないですが・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント