INDEX    RSS    ADMIN

Downton Abbey S5-#8 「新時代のふたり」

アティカスとローズの結婚式がロンドンで行われることになり
ダウントンの人々は、ロンドンのグランサム家へ出発します。
その前にバイオレットの家にクレーギンが現れ
愛している、一緒になりたいと訴えてきます。
バイオレットはまだクレーギンは妻と別れたわけではないしと
この話を遮ります。

ロンドンで新たにアンディという下僕を補充。
アンディはバイオレットの侍女のデンカーと話が合うようです。
アンナは出発前に警察から
ロンドンで出頭するよう命ぜられていました。
グリーンは何人もの女性を暴行していたようです。
すでにベイツの件は解決しているはずなのに
気になってベイツもついていくと
アンナはいきなり面通しの列に並ばされます。
疑惑を否定するための面通しかもしれないけれど
何も説明がないしひどいよね。
そしてフォイルのときもそうだけど
ガラスもなくいきなり相手がすぐそばを歩き回るのってキツイなと。
アンナは訳のわからないまま戻ってきました。

屋敷にローズの両親、シュリンピーとスーザンが到着しますが
スーザンはシュリンピーと一緒の部屋も嫌。
せめて結婚式が終わるまでは仲睦まじい両親であってほしいと思いますが
スーザンには難しそうです。
しかも両家の両親を招いての夕食で
アティカスの父シンダビー卿は「離婚は許さない。」宣言をしてしまいましたから
ますます事態はややこしくなります。

アティカスはその晩バチュラーパーティーに行きますが
部屋に戻ったら娼婦が付いてきたので、丁重に追い出します。
だがその様子が写真に撮られ、翌日ローズ宛に届けられました。
ローズはショックを起こし、誰がこの結婚を邪魔しているのか悩みます。
アティカスは父の仕業かと疑いますが
確かにシンダビー卿は快くは思っていないものの
写真を送りつけることはしていませんでした。

これは実はスーザンの仕業。
スーザンはいきなり離婚宣言をして
また周囲を驚かせてしまいましたが
シンダビー夫人が上手くとりなしてくれました。
スーザンの仕業だと見抜いたのはシュリンピー。
謎の小切手の使い道が分からず問いただしたら
そういうことだったわけですが。
これもスーザンなりに考えたこと。
すでにお金のないフリントシャー家から
シンダビーへ嫁に行くのは辛いだろうと
スーザンはこの結婚を破棄させたかったようです。
結局は無駄でしたが。

結婚式は登記所で行われるというスタイル。
ギリンガム卿とメイベルも現れ
ようやくメアリーとギリンガム卿の間は白紙に戻ります。

デンカーはアンディを連れ出して姿を消していましたが
酔っ払って戻ってきます。
トーマスがアンディに追求すると
デンカーが秘密クラブへ連れていき、賭けで大損させられたとのこと。
デンカーはアンディをうまくカモにしていたようです。
そこでトーマスは今度は二人についていき
アンディが負けた分を上手く取り返します。
さらにデンカーを放置して酒代を払わせます。
トーマスかっこいい♪感心しました。

デイジーはロンドンで見聞を広め
もっと学びたいから仕事をやめてロンドンに残ると言い出し
パットモアを嘆かせます。
結局やめる気はなかったのですが。

式が無事終わったところで警察が再び現れアンナを逮捕。
グリーンが事故に遭ったときアンナが現場にいたという
目撃証言があったのでした。

ダウントンに戻ってくるとすぐに
戦没者慰霊碑の除幕式が行われます。
パットモアはおいの名を刻んでもらえなかったので参列を拒否しますが
アイシスの墓碑(悲しいね)を頼む際にロバートはひと手間かけ
別のところにおいの名を刻んだ小さな碑を建てました。
ロバートの心配りが素敵です。

ロバートはイーディスがマリゴールドをあやす様子を見ながら
マリゴールドはグレッグソンに似てると真実を見抜きます。
ブランソンはいよいよアメリカに行く決意を固め
メアリーが寂しがります。

次回はお約束のクリスマス特別エピ。
アンナが心配です・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お久しぶりです、
どのカップルも前途多難ですね~。
幸せになってほしいけど。

アンナの事件はいつまで引くんでしょう。
もう、これ以上苦しめないでほしいです。

メアリーは結局誰と結ばれるんでしょうね。
そして、トーマスのキャラ変にはびっくりでしたw
でもこのまま「いい人」になったら、つまらないですね。

No title

アンナの事件の真相、本当に気になります。
グリーンの罪は確認されていることだし、早くすっきりしてもらいたいですね。

そしていい人になっちゃったトーマスに驚きました。
辛い思いをして心を入れ替えたのかな?なんてそんなトーマスに変わるは思えませんが・・・

せっかくおチビちゃんたちが3人揃ったところで、ブランソンにアメリカに行って欲しくないです。