INDEX    RSS    ADMIN

Foyle's War S6-#1 「疑惑の地図(前編)」

AXNミステリー視聴時の感想はこちら
このエピから新シーズンに入っているのですが
NHKは不思議な分け方をしたので、前回からそのまま続いている感じがします。
でも実際にはフォイルは警察を辞める宣言をして本当に辞め
代わりにヘイスティング署にはメレディス警視正が赴任。
ミルナーはそのまま不満を溜めつつメレディスの下で働いて1年。
だがさすがに我慢の限界が来ていたんですね。
鉄人の辛抱強さに共感します。
ちなみにサムはさっさと運転手をクビになり
空軍省の施設で働いていましたが、
サムのいるところに事件あり!というわけで
またもやサムは事件に関わってしまいます。

1944年4月、サムの働いていた空軍省の施設では
ドイツへの爆弾投下に使うための地図を作成していますが
航空写真を読み込んで写っているものを地図上に落としていく仕事を行っていたヘンリーが
森の中で首吊り自殺を起こしてしまいます。
ヘンリーは今まで何度か自殺未遂を繰り返していて
彼が通っていた教会のドイツ人神父ケプラーに
自分が大勢の人を殺していると悩みを打ち明けていました。
だから彼が首を吊るのは誰もが納得しそうなことですが
現場を見てミルナーは他殺だと推理します。

いつもフォイルの冷静で的確な推理により
事件がきっちりと解決に導かれますが
フォイルがいなくても、ミルナーも冷静沈着で
説得力のある推理をしていることに感心させられました。
さらに見事な回復力で車に轢かれそうになっても身をかわし
観れば観るほど?鉄人度がアップです(笑)
吹替声も影響してるかな。

メレディスもさほど嫌な人ではないんですよね。
ミルナーの代わりに撃たれてしまったのかもしれないし
彼への同情は後半で増してきますが
戦争が激しくなるにつれ、辛いことがますます増え
重たさも倍増です。
フォイルもゆっくりヘイスティングス警察を
振り返っている暇はなさそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ああ、なつかしいです~~!
最初のうち、吹替には違和感ありましたが、エピソードが進んでくると、だんだんなじんできますね。
鉄人ミルナー・・・w
サムもかわいいし、NHKこのまま、最後まで放送する気かな?
そう願います!

No title

今回のNHKは終戦まではオンエアするようで、戦後編についてはまだ未定のようですね。
戦後編はすでにフォイルが警察から離れてしまうからちょっと微妙な感じなので、とにかく刑事じゃなくて警視正フォイル時代だけでもしっかり見られるのがありがたいです。
ミルナーは吹替ではさらに冷たさが増して鉄人度アップしてるかも(苦笑)