INDEX    RSS    ADMIN

The Night Shift S3-#6 「猛暑の夜」

ジョーダンは救命士のサムと
TCは製薬会社のジェシカと
そしてスコットはアニーと熱い昼を過ごして出勤。
ついでにケニーも同僚看護師とヨロシクやってるようで。
周囲は彼らの新たな関係をちょっと驚き
そして元相手が気にしないかと気遣って伝えると
とりあえず穏やかに歓迎。
みんな大人です。
でもジョーダンはスコットがアニーと付き合うことが不安。
いくら更生すると決意していても、アニーにさんざん振り回されてきたジョーダンとしては
スコットが巻き込まれないか気になっています。
むしろ身内のTCの方が開き直ってる感じ。
そしてジョーダンはせっかく貴重なイケメン救命士(シカゴにはいない・・・泣)と付き合いだしたのに
別れることにしちゃいました。
刺激が少なすぎたか?もったいないな。
救命士ファンとしては残念です。
そういえばドリューは自分の報告によると
リックとうまくいってるようで安心しました。
たまにはリックに登場願いたいのですが!

猛暑のサンアントニオ
マラソン中に心臓発作で倒れたジョージアは
髄膜炎を疑われ腰椎穿刺を行いますが原因が分からず
その間病院のエアコンが故障して誰もが汗だくに。
ジョージアは再び心臓発作を起こしてしまいます。
症状を検証していくと川崎病だと判明。
川崎病は子供の病気だと思ったら大人でもかかるんですね。

ジョーダンとシャノンはルチャリブレの試合を観戦に行き
人気レスラーのマタドールのいとこのヴィクトルと親しくなります。
試合が白熱し場外乱闘に
ジョーダンが巻き込まれそうになり、かばったヴィクトルとラウンドガールが負傷し
緊急搬送されます。

ヴィクトルは肋骨が折れて肝臓を傷めており
CTで肝臓の嚢胞も発見されます。
そのうちヴィクトルが喀血し始めたので結核が疑われ
会場内にいた人たちの検査も行われますが、みなネガティブでした。
ヴィクトルの体調がどんどん悪化していく中で
ヴィクトルがメキシコ巡業についていったとき
豚肉ばかり食べていたと言っていたのを思い出し
嚢胞を検査したら寄生虫が潜んでいました。
いったいどういう肉を食べていたんでしょう。

頚椎を痛めたエミリアは車椅子生活を強いられることを恐れています。
すぐに手術が必要だけど、待機の外科ドクターが来られる状態ではなく
ドリューが手術を担当することになります。
戦地ではどんな手術でもこなさねばならず
ドリューはシドの指導のもとで様々な整形手術に関わっていました。
今回も首の後ろからでは無理で
口からメスを入れての手術を成功させます。
軍医の底力が感じられました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント