INDEX    RSS    ADMIN

The Five #1~#3

今月のWOWOWプレミア第2弾はThe Five。
全10話の作品が4週に渡って放映される
一挙放送よりはちょっとユルイ放映パターンです。
ダウントンのギリンガム卿を演じるTom Cullenが主役なので楽しみにしていました。

20年前マークは友達のダニー、スレイド、プルーと一緒に
弟のジェシーを連れて森に遊びに行きましが
ジェシーを置いてきぼりにしていたところ
ジェシーが行方不明になってしまいます。
ジェシーを殺害したと証言した男が現れますが
ジェシーの遺体は見つからないままでした。

4人は罪悪感を抱えたまま成長し
マークは弁護士、ダニーは刑事、
スレイドは青少年のシェルターを運営
プルーは医者として働いています。
ところがダニーが担当した殺人事件の現場から
失踪したジェシーのDNAが発見され
ジェシーは生きている可能性が出てきました。
ダニーのもとに、マーク、スレイド、プルーが集まり
旧交を温めつつ、ジェシー探しが始まります。

殺害された女性は娼婦だと思われていましたが別の顔があり
調べていくうちにジェシーかも知れない人物が見つかります。
彼は一旦釈放されますが、殺害された女性の家でPCを盗み出そうとして
ダニーに見つかり捕らえられますが瀕死の重体。
マークは彼を見てもジェシーかどうかわかりません。
しかし母は違うとはっきり否定します。

そのうちスレイドが保護した少女が
長年監禁されていたことが判明。
少女の証言などから音楽プロデューサーが疑われますが
家宅捜索を行う前に本人が殺害され
他に監禁されていた少女たちが救い出されます。

Thirteen、Missingに続く失踪者の謎解きドラマ第3弾。
今回は失踪者はまだ戻ってきているのか釈然としませんが
いろいろな事件が解決に向かう中で
核心に迫っていくのかなと思います。
このドラマの面白さは先が読めないことはもちろんだけど
ゴージャスなキャストたち!
今まで他のドラマで観ていた人たちが一堂に会してしまったので
本当にビックリ!!でした。

ギリンガム卿はようやくメアリーを諦め
ダウントンから去りましたが
マークとして復活。
しかも彼の元カノのローラが
フォイルのサムだったので更なる驚きです。
マークが失踪者を探す仕事を請け負っているので
ローラの息子が父親がいなくなったから探して欲しいと依頼にやってきます。
マークはローラに会いに行きますが
ローラはそれほど重大事には感じていないようでした。

四人の中で一番怪しげなスレイドは
ジョージ・ジェントリーの相棒のバッカス君。
今回は刑事じゃないんですけど
彼の動きがどうも刑事に見えてしまいます(苦笑)
正義感に燃えているのはわかるけど
かなり危ないことを平気でやってるし
謎めいていて興味津々。

そしてダニー役の人も見た顔だと思ったら
Lookingで主人公の一人オーガスティンの恋人を演じていたフランクでした。
S1ラストで冷淡にオーガスティンに別れを告げてたっけ。

というわけでいつもは時代が違ったり立場が違ったりしているけど
とてもよく見慣れていた人たちが一緒に現代に生きているのが不思議で(笑)
これもドラマならではの醍醐味です。
すっかりThe Fiveに魅了されたところで
2話観て放置していたMissing S2の録画を全部消してしまいました。
自分にとってはMissingはお話の風呂敷を広げすぎていて
観進んでいくとつながっていくのかもしれないけれど
今のところバラバラだったのがもどかしくて
どうも意欲が削がれてしまいました。
ということでこれからしばらく
週末のFiveを楽しませてもらいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント