INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order UK S5-#5 「慣習」

本家オリジナルはS8-#10 「儀式」

ランヤ・ハビブという女性が高架橋から飛び降り自殺をしたとの連絡を受け
ブルックスとホーキンスは捜査を始めますが
ハビブの自宅を調べても自殺を考えるにはスケジュール帳がびっしりだし
アパートの階段は漂白剤で掃除をした形跡が残っていました。
検視の結果からも階段から落ちたのが死因と判明します。
では誰かがハビブの死体を運んで高架橋から捨てたはず。
ハビブは友人を空港に迎えに行っていました。
エジプトから来たその男は医者を装っているけどテロリストかも。
ホテルに置かれた男のカバンの中の薬から
爆弾が作れることが判明。
ブルックスたちはロンドンブリッジを観光しているエルサイドを追い捕らえますが
彼はテロとは無縁でした。
しかしあの観光地で人騒がせな!
レイトンがお怒りなのは当然です。

ハビブはエルサイドに6000ポンドも支払っていました。
ハビブの息子タリクと妻のサフィアに事情を聞きますが
失業中のタリクはハビブに金を無心していました。
ふたりの娘ライラはこっそり両親が喧嘩していたこと
父が自分をエジプトに行かせたがっていたことなどをホーキンスらに打ち明けます。
そしてハビブを殺害したのはサフィアだとわかりますが
サフィァには切実な事情がありました。

どうしても娘を守りたかったサフィア。
だがハビブが大金を払ってまでエジプトから医者を呼んでいたのは
FGMを行いたかったら。
FGM=女性器切除はアフリカを中心に行われている風習で
女子割礼とも言われています。
女子が大人になるための風習とはいえリスクは大きく
女性虐待だと世界的には廃絶させようとする動きが大きくなっています。
ハビブは孫にエジプトでFGMを施したかったけれどサフィアは断固反対。
すると医者の方がやってきたわけですが
FGMの被害者の証言を取ろうとしても皆口をつぐんでしまうし
実態はつかめません。

裁判に入るとバーカーが力を発揮。
サフィアの弁護士と組んで話をしている様子に
ソーンは腹を立てます。
だがバーカーには、エルサイドを有罪に持ち込みたいという思いがありました。
法廷でサフィサは娘を守りたかった理由として
自分もFGMを受けて辛い思いをしたことを白状します。
それを聞いてタリクの妹がいきなり怒鳴りだし
慣習を否定するのはなかなか難しいのかも。

サフィアの判決は故殺で4年。
多分2年の服役で出られるでしょう。
バーカーの計らいで娘にしばしの別れを伝えられました。
そしてエルサイドも逮捕されます。

本家で持ち込んだ問題を
英国でさらにわかりやすく伝えていましたが
FGMの悪習は廃絶してもらいたいと強く願います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント