INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Fire S2-#11 「信頼と裏切り」

瀕死の重傷を負ったケイシーは6週間経って復帰。
その間に51分署も再び軌道に乗ってきたようです。
ケイシーとドーソンは一緒に住もうと考え始めましたが
まだ署内には伝えていなかったんですね。
みんな気づいている感じだったけど。
そんなわけでケイシーの復帰の日、
そしてドーソンの消防学校入学の日に
二人は付き合っていることを明かしました。
もちろんみんなは祝福してくれたし
それが礼儀だからとドーソンが直接ミルズに話すと
ミルズも喜んでくれました。
本当にいい仲間だ。
ケイシーは見た目はすっかり元気になりましたが
復帰早々ロッカーの鍵のダイヤルが思い出せません。

一方クラークはヘイズ殺害の容疑で6週間拘留されていたようです。
無実なのに絶対口を割ろうとしないクラークも頑固というか
保釈されても追跡装置をつけていて
51分署には迷惑がかかるから行かないつもりです。

ドーソンが抜けた代わりにラファティが救命に入ってきました。
今までのちょっと困った人たちよりはずっとまともだし
仕事もできる感じですが
シェイのことを避けている様子。
シェイが問い詰めるとレズビアンに対して偏見があるようです。

交通事故で運転していた男性の喉に鉄筋が刺さり
ちょっとでも動かすと大出血のおそれがありました。
仕方なく鉄筋をその場で切断する方法をとり
切ることで振動が起きるので焼き切ることになります。
ケイシーは無事に男性を救いました。

ドーソンの訓練1日目。
セブライド教官のもとで走ったりはしごに登ったり
ハードな訓練に望んでいます。
もうひとりジョーンズという女性が参加していますが
やる気満々です。

セブライドは訓練生たちを51分署に連れてきて
消防署の実態を見学させていました。
すると出動命令が入り、訓練生たちも一緒に現場に移動します。
宝石店で火災の通報でしたが、一見火元がわかりません。
だが金庫が燃えていることが判明。
とたんに中にいた男たちが店員を人質に取り
強盗を企てようとします。
現場に入ったケイシーやマウチも動けなくなりますが
火の手が回れば皆焼け死んでしまいます。
そのうち強盗たちが怖気づいて外に出てしまい
客や店員も避難します。
残ったのは人質を取っている男ですが
ケイシーは隙を見て人質を助け
男と激しくバトルします。
マウチがストップをかけていなければ
とんでもないことになっていました。
ケイシーは自制も効かなくなった?

セブライドはやたらと取り入ってきて
ペアになった候補生のことを嫌がるジョーンズは消防士に不適格だと
上司に伝えます。
だがジョーンズの父親が消防のお偉いさんで
簡単に落第させるわけにはいかないようで。
セブライド自身消防士の息子だから
強いことを言えなくなってしまいました。

ドーソン兄とハルステッドは
ヘイズが死ぬ前の電話の会話からリサが殺害に絡んでいることを突き止め
ドーソン兄はクラークが真実を話すようミルズに説得を頼みます。
ミルズはクラークに訴えますがクラークは聞く耳持たず。
しかしクラークもリサと話すうちに真実を語る気持ちになり
アリバイの証拠となるレシートを提出します。
やはり殺害にはリサが関わっていたんですね。
クラークはリサをかばおうとして口をつぐんでいたのでした。
クラークは今は51分署が家族だと、仲間のもとに戻ります。

モリーズの権利について
モリーズは銀行のものだといわれ
先が怪しくなってきます。
オーチスとケイティが急接近。
セブライドは見守るしかないのかな。
そしてミルズが救助隊に仲間入りします。
ケイシーの推薦状により入隊が認められました。
めでたしめでたしだけどケイシーがやっぱり心配です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント