INDEX    RSS    ADMIN

The Night Shift S3-#8 「勝負の夜」

スコットとアニーの交際にジョーダンが難色を示してから
二人は冷戦状態。
一方TCとジェシカは幸せそうで
ジョーダンも祝福しています。

腹痛を訴えてきた男性は筋肉が骨になってしまう難病FOPを抱えており
手術を極力避けたがっています。
検査の結果腎臓結石が見つかり、石を破砕してしまえば大丈夫なので
スコットとジョーダンは破砕機を使おうとしますが故障してしまいます。
幸い機械はジョーダンの会社のものですぐに修理が頼めましたが
男性の症状が悪化し、泌尿器科のドクターはすぐに手術をしようとします。
でも二人はストップをかけ、結局石は体外に出て手術を免れました。
スコットとジョーダンのナイスチームワークで解決。
二人の間も和解します。

鹿を避けようとして崖から落ちた車の救援要請が有り
ドリューとシャノンが現場に向かいます。
車には母子が乗っていましたが
娘は腕を怪我したものの無事。
だが母親は逆さになった車に閉じ込められたまま動きが取れません。

Chicago Fireだと車内の負傷者の治療を救命士がさくっと行い
それから消防が救出作業を行うけど
ここでは医師が直接治療を始めるので
より高度な緊急治療ができるのかななんて
単純に感じていましたが
ドラマによって事情が違うのは仕方ないですけど(苦笑)
本来はどうなんでしょう。

二人は病院に運ばれますが
母エイヴリーは娘ブリアナの里親ですが
親子の関係はとてもいい様子。
ブリアナはエイヴリーが生きていて欲しいと強く願っています。
ブリアナを担当しているソーシャルワーカーのニーナが来るまで
ドリューがブリアナの話し相手になり励まします。
シャノンはせっかくできた親子の絆を断ち切らせたくないと
手術の成功をポールに懇願します。
だがみんなの願いは届かずエイヴリーは息を引き取ります。
シャノンはブリアナがエイヴリーに別れを告げる場を設けさせてあげたいとスコットに頼み
もう息を引き取ったあとだけど、ポールが心臓マッサージをしているようにし向け
ブリアナをエイヴリーの病室に入れました。
ブリアナは母に別れを告げようとしますが、結局言えずに病室を飛び出してしまいます。
でもこれで彼女なりの幕引きができたのかも。
嚢胞性線維症を患っているブリアナは肺炎の兆候が見られ薬で抑えられますが
今夜行くところがないので、病院のベッドを提供しました。
シャノンは自分が里子だったことをポールに打ち明け
二人の仲が急接近。
一方ニーナはケニーをデートに誘います。

トファーの母スーメイの様子がおかしいので
ジャネットがスーメイをERに連れてきます。
スーメイは突如倒れ検査をしますが何も引っかからず原因不明。
トファーは母の死を真剣に考え出します。
するとクライブが病院に運ばれ
TCが話を聞いているうちにクライブとスーメイが付き合っていることがわかります。
しかもセックス中にクライブの治療用パッチが剥がれたみたい。
これで状況が把握できました。
スーメイの背中にクライブのパッチがくっついていて
スーメイの様子がおかしくなっていたのでした。
スーメイは健康そのもの。
そして手術を拒否していたクライブも、手術を受ける意欲を見せています。
めでたしめでたし!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント