INDEX    RSS    ADMIN

Chicago P.D. S1-#4 「確執」

売春婦を人質に取り、特捜班の前で騒いだ挙句
拳銃自殺してしまった画家のマスターズ。
その瞬間にドーソンがシェイのことを思い出しているのに
またFireとP.D.のつながりを感じましたが・・・

マスターズは美術品の盗難事件に関わっていて
クリムトの絵を盗んでいたようです。
クリムトを知らないルゼックは
是非学んでいただきたいものですが
マスターズを調べていくうちに新たな殺人事件発生。
被害者ハリスはマスターズとともに
偽札制作に関わっていたことが判明します。
マスターズの家の隠し部屋には
見事な偽札の原版が残っていました。
彼らの動きを知る売春婦をリンジーが問い詰め
金の流れを突き止めます。
金を移送したと思われる車は
教会のケータリングに利用されていて
教会を調べるとそこでは偽札は作られていませんでしたが
手元にある金は偽札そのものでした。
そしてようやく偽札製造現場にたどり着きます。

メンバーのプライベートの問題がさらに浮き彫りに。
オリンスキーは家を追い出されて
ガレージで寝泊り状態。
娘のレクシーは父にそばにいて欲しいと思っています。
ところがレクシーはマリファナを隠し持っていたのが
学校でバレて停学状態。
オリンスキーはレクシーのBFが関わっていることを突き止め
BFを捕まえるとやんわりと脅しを掛けて真実を吐かせ
娘に近づかないようにさせます。
そしてダンスパーティーに参加できなくなってしまった娘と
庭でささやかな父娘のダンスパーティーを。
なかなかいいお父ちゃんです。

一方ジャスティンはボイトが交通局の仕事を見つけて来てくれても
関心を持たずに金儲けの事業に手を出そうとして
ボイトに金を無心します。
ボイトが無視してると、ジャスティンはトラブルを起こして警察預かりに。
ボイトが改心させようとするとジャスティンは突っぱねます。
これは相当たちが悪そう。
ちなみにジャスティン母は亡くなっているのかな。

ハルステッドが接近禁止命令を出されてる近所の親子について
ハルステッドは息子の罪を暴こうとずっと狙っているようで
いつか解決するのかな。

バージェスとアトウォーターはゴミ屋敷に住む女性に片付けの警告をしにいきますが
バージェスが家の中を点検していて、子供の声を聞き取ります。
ゴミで埋もれた扉の中で、男の子が監禁されていました。
バージェスが虐待事件の解決に一役買いました。

P.D.の人たちも仕事が終わるとモリーズで息抜き。
モリーズが愛されているのも嬉しいです♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント