INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order UK S5-#8 「37年の誇り」

ついに英国の最終話。
本家オリジナルはS10-#6 「疑いの目」です。
やっぱり本家はナイフではなく、銃が登場します。

ファーマーズ・マーケットで女性が刺されて倒れており
ブルックスとホーキンスが現場に向かいますが
まもなく女性は死亡します。
現場は大勢人がいたのに、目撃情報は一致せず
唯一犯人が逃走に使ったスクーターの情報が確かで
スクーターは盗まれて乗り捨てられ
ヘルメットの部分指紋から容疑者が特定できます。
それが近くの団地に住む15歳の少年ボビーで、
ブルックスたちは必死で追いかけますが
取り逃がしてしまいます。

ウェスの荷物を片付けたら
次の警部補フリンが赴任してきます。
フリンは捜査には密接に関わりたいようで
経過報告を要求。
少年を取り逃がしたことも不満です。

その後ボビーを逮捕しますが、ボビーは刺していないと主張。
だがボビーの姉の恋人がボビーを車に乗せたとき
途中で下ろしたことを証言
その場所のゴミ箱からナイフが発見されます。
証拠品が出てきて
ブルックスはボビーが「白人女が悪い。」とつぶやいたのも聞いていましたが
ボビーが犯人だとは特定できず。
さらにナイフにはギャングが刻んだマークが入っていて
ボビーの母のDNAが検出されました。

母のションダはアルコール依存性で
取り調べの時も手の震えが止まりません。
法廷でションダは
息子にナイフをご信用に持たせたと証言します。
でもやはり証拠としては不十分。
ボビーの弁護士は上手く立ち回り
ブルックスの弱みまで突いてきました。
結局ボビーを有罪にできず
被害者の父は怒ります。

そしてついにブルックスに異動の話が。
現場から離れなければならない辛さに直面しながら
ブルックスはもう一度事件を洗い直し
ボビーのシャツに注目。
事件のとき着ていたシャツは
殺害された父の思い出として処分できなかったのでした。
ようやくブルックスは任務を果たします。

英国版を振り返ると
全エピソードに出演していたのはブルックスだけで
ブルックスのためのドラマだったのかなと感じます。
ブルックスのモデルはブリスコーで
家族との関係や依存性を抱えている設定も共通しています。
そしてラストエピでは、オリジナルでブリスコーがブチ切れた部分を
もう少し穏やかに、見せ場を増やしてもらえたように思います。
新警部補フリン(Mistressesのトルーディでした)とブルックスが
この先一緒に仕事してもぶつかりそうな感じだし
37年働いてきた現場を離れるのは寂しいかもしれないけれど
これでよかったのかな。
ブルックスとともにドラマが幕を下ろすという設定は納得できます。
そのためにちょっと早くレイトンが消されたのはお気の毒でしたが。

本家ではギャングでちらっとデルコが出ていたりして
なかなかゲストも豪華なんですけれど
今回見返して犯人役のイケメンなヒスパニック系青年が
実はScandalのハックだったとわかってビックリしました。
ここまで変化してしまうとショックです。

UKが終わってしまい、SVUの復活を待つばかり。
22日スタートを楽しみにしています♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント