INDEX    RSS    ADMIN

CSI:Cyber S2-#18 「明日へ・・・」

CSIシリーズ完結!
ついに17年間の幕が閉じられました。

CyberもCSIシリーズだからとりあえず観ていましたが
なかなか専門用語についていけず
あまり夢中になれずにぼんやりと終わってしまいました。
サイバー犯罪は身近に起き得るということがわかったのが収穫かな?
そんなわけで大きな感動もなく終了してしまいましたが
最終話はCSIらしくラッセルが死体の指の皮をはがして
自分の指にはめて指紋認証を実行。
この生々しい場面こそ正しいCSIだよねと
ラッセルともどもしみじみしていました。
やはり死体とじっくり向き合ってこそCSIでしたから。

今回の最終話。
もうこれ以上絶対ありません!と
終了の仕方に気合が入りすぎて?いました。
政府のネットワークがハッキングされたという相当大掛かりな事件だったはずなのに
結局は逃げる少年を追う男をさらに追う展開。
追われた少年に銃が向けられて銃声が聞こえ
銃声から少年の居場所を把握して一同は現場へ
SWATも駆けつけて・・・
とその展開早すぎです!
みんな瞬間移動しなければ
撃たれてプールに沈みかけてる少年を救い出せないでしょ!
そこまで無茶な事件解決をやらざるを得なかったのは
後日談をどうしても入れたかったのでしょうね。

というわけでめでたく事件解決したと思ったら
ドーソンじゃなくてイライジャへのストーカー女が
イライジャを撃とうとして代わりにラッセルが撃たれ
これが次シーズンへのクロスオーバーだったらここで終わりだったのかもしれないけれど
間違いなく最終話なのでこれまた瞬間に月日が流れ
ラッセルは元気にパリへ渡っていました。
ほかの人たちもそれなりにめでたしめでたし。
そんなツッコミどころ満載なお話でしたが
そういえばツッコミまくってこそCSIだったよなと
マイアミが懐かしいです!!

CSIシリーズを振り返ってみると
断然マイアミが楽しかった!!
ほっさんの決め台詞の数々に爆笑させてもらいました。
本家は王道を行ってたかな。
いろんな人が居すぎて思い出せなくなってるけど(汗)
そしてNYは見慣れた風景が身近に感じられました。

犯罪捜査の中で
鑑識という目立たない仕事をしている人たちにスポットを当てたドラマは
とても新鮮に感じら、学ぶことが多かったです。
でもCSIの人たち、目立ちすぎですよ。
日本を始め、よその国の人たちは
現場に行くときはしっかり髪の毛が隠れる帽子をかぶり、靴カバーも履いています。
手袋だけじゃダメなんだから。
やっぱり最初から突っ込まれることが前提のドラマだったのかも(笑)
17年間感動をありがとう♪と締めくくらせてもらいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント