INDEX    RSS    ADMIN

The Night Shift S3-#11 「心乱れる夜」

TCとドリューはスポーツバーで飲んでいて
先に帰ろうとしたドリューが女性に席を譲ろうとすると
そばにいた男性が文句をつけてきます。
その態度にTCが怒って男性を殴りつけ
ドリューも巻き込まれて乱闘に。
TCとドリューは留置所に入れられてしまいます。
TCにはよくある話かもしれないけれど
無断欠勤をしたことのないドリューはなんとか病院に連絡しようと
携帯を取って欲しいと頼みますが聞き入れてもらえません。
しかもそのときブリアナに適応する肺が見つかり
肺移植手術が始まることになりました。
なのにドリューと連絡が取れないままです。

ブリアナはドリューがいないのに移植は嫌だと拒否し
駆けつけたニーナもドリューが里親になることを心配します。
ポールがブリアナを説得しているうちにブリアナが急変。
すぐに移植手術が始まります。

ようやくドリューは病院と連絡が取れ
その場にいたジェシカが保釈の手続きに送られます。
ドリューは急いで病院に戻りリックとともに
ブリアナの快復を待ちます。
ブリアナは元気に目覚めました。

ようやくS3にリック登場。
予想通りブリアナの素敵なパパになってくれそうで安心しました♪
これからもときどき姿を見せてほしいな!

ジョーダンはポールやシャノンと一緒にダブルデートした相手のマットが
アイスを食べているうちにものすごく汗をかき倒れてしまいます。
ガラスの扉の上に倒れこんだために破片が刺さって出血。
すぐに病院に運び、ジョーダンは治療を始めます。
するとマットが激しく痙攣をし始め、ドラッグの影響が考えられましたが
ジョーダンの判断でナトリウムを投与します。
ジョーダンの勘は鋭かったのですが
ジョーダンが驚かされたのはマットに妻がいて、その妻にはまた付き合っている男性がいて
あまりにもオープンな自由恋愛の現状でした。

事故で舌を噛んだといって運ばれてきた女性は
食欲がないと嘆いています。
ペルーに行ってから体調が悪くなったようで
いろいろ調べていくと心理的なものではなくて
ペルーで虫に刺されたことが原因でした。
そんなことで体調変化が起きてしまうのは恐ろしいことですが
トファーの解明の過程が興味深かったです。

TCの釈放手続きをジェシカが取ってくれたのに
TCはジェシカに口を聞こうとしません。
TCはジェシカに利用されたことに腹を立てたままでした。
病院に戻ると帰国したシドが来ていて
すぐに病院の世界に戻れそうにないので
シリアとトルコの国境地帯の難民救援隊に入るので
同志を募っていました。
TCは心機一転したいと、救助隊の加入を希望します。
TCの力が発揮できるいい機会なのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント