INDEX    RSS    ADMIN

Wentworth S4-#3 「戦いの始まり」

ついにファーガソンが一般棟に移動することに。
カズやアリーが収容されているH3ブロックに入り
彼女の房の前には24時間体制で看守が見張ることになります。
食事も房の中で、囚人ではなくシェフの作ったものが提供されます。

囚人たちはファーガソン登場にざわめき
打倒ファーガソンコールが大きくなりますが
ビーは何もしないようにと指示を出します。
ヴェラとの約束で実現させる個別面会の権利を
奪われたくありません。

一般棟にやってきたファーガソンは
自分の房の壁に向かってなにか瞑想している様子。
彼女の脳裏では精神病院でのドクターとのやりとりが蘇っていました。
静かにしていたファーガソンですが世話係を要求。
世話係のドリーンはファーガソンと会うことを嫌がりますが
ファーガソンの思惑を探るチャンスなのでビーは行かせます。
ドリーンが来るとファーガソンは子供のことを聞き出し
火事のときの様子を伝えます。
ジェスが火をつけ、ファーガソンが赤ちゃんを救ったこと。
ジェスはそのまま炎の中に消えたこと。
ファーガソンの話にドリーンは感謝します。

ファーガソンはシャワーと散歩を要求。
ヴェラは夜なら散歩を許可しますが
ファーガソンが日光に当たりたいと譲らないので
5分間運動場に出ることを認めます。
ファーガソンが運動場に出てくると囚人たちは大騒ぎ。
早速ルーシーたちのグループが近づいてきて
付き添っていた看守を襲撃。
辺りが騒然としたところにドリーンが入ってきて
その場を沈めます。
ビーやリズはドリーンの行動を評価します。

ファーガソンはリンダのギャンブル癖を利用して
取引を要求。
朝食の時間にシャワーに行かせて欲しいと頼みます。
そして夜中にビーを呼び出し、ファーガソンの房の前に来させます。
明日の朝食時にひとりでシャワーを浴びているから
そのとき襲ってくるように。
あえてファーガソンからトラブルの要求でしたが
ビーは無視します。
だが自分の房に戻ってからビーは凶器を用意。
マキシンに計画を伝えます。
朝食時リンダはファーガソンをシャワーに連れて行くと
ビーが来る前にルーシーたち3人組がシャワールームに入ってきて
ファーガソンを脅しレイプします。
ビーが着いた時はファーガソンは出血して震えていました。
だがファーガソンは助けを求めようとせず
レイプした相手の名前も話しません。
ビーはリンダを呼びます。

房に戻ったファーガソンをカズが心配して近づくと
ファーガソンは血だらけのタオルを処分して欲しいと頼みます。
カズはファーガソンがレイプされた実態を知って同情し
彼女を守ることを決意します。

ファーガソンは精神病院でドクターの指示のもとに治療を行ってきましたが
ドクターが自分の体を求めていたことがわかって態度を一変。
ドクターを訴えると脅して精神病院を退院できるように仕向けてきました。
今回も体を張ってレイプを利用。
カズを味方につけることに成功します。
カズやアリーはファーガソンの被害に遭っていないので都合がいいけれど
アリーはビーになびいてきているので
この先の動きが気になります。
それにしてもしたたかなファーガソン。
裁判が行われるまでの数ヶ月の拘留ということだけど
誰よりもウェントワースを知り尽くしているファーガソンに
ヴェラやビーが立ち向かえるのでしょうか。

マキシンは自分で胸のしこりに気づき
マンモグラフィを受けることにしました。
結果待ち状態ですが
そういえばOZではライアンが乳がんになってましたね。
男性でも乳がんになることを学びましたが
マキシンの場合は性転換手術をして
ホルモン治療なども行っているから
乳がんになるリスクも大きいのかな。
良い結果がでるといいのですが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント