INDEX    RSS    ADMIN

Tyrant s3-#6 「真実と尊厳」

アブディンでは反対勢力派と軍隊との衝突があちこちで起きています。
ファウジは突然ダリアにプロポーズ。
こんな時だからシングルマザーは危険だし
時間も場所も選べないというファウジの素直な思いでした。
ダリヤは当然バリーのことは話せず、答えも出せずにいます。

真実尊厳委員会の会場にテロリストが潜入。
突如銃を発射し多くの犠牲者が出ます。
ダリヤはかろうじて難を逃れましたが衝撃は大きく
バリーはテロリストの排除を約束します。
だがバリーの力で制圧しようとする様子に
ダリヤは不安を覚えます。

エルアミンが反対勢力派のブロガーで危険人物だとして連行され
宮殿に連れてこられます。
その様子を盗み見ていたサミーはてっきりハリマがチクったと思い
後でバリーに説明しようとしますがバリーはふたりの関係を知らず
サミーは墓穴を掘ってしまいました。
バリーはエルアミンと付き合うことの危険を指摘すると
サミーも負けずにダリヤとの浮気を非難。
どちらも事実なので否定もできず
サミーは腹を立てて出て行ってしまいます。
サミーはバリーにバレたことをエルミアンに話すと
今度はエルミアンが激怒。
ふたりの関係は暗礁に乗り上げそうです。

レイラは真実尊厳委員会を復活させ
その際は最初に自分が出ると宣言します。
さらに大統領に立候補するために外務大臣の辞任を決意。
バリーに無断で行ったことにバリーは立腹します。
レイラは宮殿を去りますが、バリーとの協力を誓ったアハメドは残り
軍で働くことにします。

ファウジはバリーにダリヤにプロポーズしたことを話します。
バリーはさりげなく会話を進めながら
ダリヤの反応を尋ねます。
何も知らないファウジが本当に気の毒ですが
その後バリーはダリヤにプロポーズの件について質問。
真実の愛を求めて激昂するダリヤに
バリーは「愛している。」とすがりますが・・・

平和な世界を追求していきたいアルカディは
危険を承知でイハブに会い、手を組もうと考えます。
そして単独でカリフェイトの中に乗り込んでいきます。
イハブはアルカディと対面しますが
イハブはアルカディを処刑するつもりでした。
だが首にナイフを当てられただけで、アルカディは帰されます。
その様子を政府軍は監視していて
アルカディは無事に帰宅できたものの、宮殿に連れてこられ
バリーからイハブに接触していたとして
大統領選への出馬を止められてしまいます。

レイラはバリーの行動を非難しますが
今度は彼女がコグスウェルの家に入っていく様子を
見張っていた者がいました。

カリフェイトの勢力は弱まらず
バリーの立場は難しくなっていき
力での制圧が強くなってきています。
追放されたバリーが生還した時の
人々の彼への信頼は消え去ってしまっているみたいで
これではジャマルが統治していた時と変わらなくなってしまいますよね。
この混乱をどう収めていくのか。
残り4話なのに、とても心配です。
本当にダリヤと浮気している場合じゃないと思うんだけど・・・
モリーが戻ってきたらどうするんだ?
レイラとコグスウェルの関係も暴露されそうだし。
そしてイハブの動きも気がかりです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント