INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Fire S2-#16 「愛する者のために」

釈放されたキーラーが行方不明になっている件で
セブライドはシカゴ警察に呼ばれ
ボイトの事情聴取を受けます。
セブライドには関与を否定するけれどこれというアリバイもなく
容疑者の疑いは晴れていません。
その後オーチスも警察に呼ばれることになり
オーチスはクルースに口裏合わせを頼みます。

ハーマンはシンディとの結婚20周年のお祝いに
自らパイプカットしてもう子供ができないように安心させたいと
サプライズ企画を考えています。
みんなは冷ややかでしたが
早く51分署に溶け込みたいジョーンズは
ミルズのアドバイスを得てハーマンに賛同。
プレゼントのケーキを用意しましたが
これがおおっぴらに見せられないような一品で
(結局見せてもらえなかったし!)
ジョーンズの悪乗りぶりに場が白けてしまいます。
その後ボーデンのところに苦情の連絡が。
ボーデンとケイシーはジョーンズの父と話し合うことになりますが
意外にも父は早く娘を辞めさせたくて
本部に広報の仕事の空きがあるので
そちらに異動させると言い出します。

ドーソンはもう一度消防の実技試験を受けたいと頼みに行きますが
なかなか受け入れてもらえず
それでもなんとかチャンスをつかむことができました。
救急車の要請があって現場に駆けつけると
倒れている男性の呼吸が薄くなっています。
すぐに治療が必要ですが男たちが銃を持って彼を追いかけ
救急車の扉を叩いて降ろすよう要求してきます。
シェイとドーソンは無線の指示に従って発砲してくる男たちを巻き
治療を行うスペースを見つけますが追いつかれてしまいます。
倒れていた男性はドラッグを巻きつけていて
救命士の手に渡らせたくなかったことに納得です。
その頃警察も到着してシェイとドーソンは難を逃れました。

車同士衝突して、一台は炎上。
もう一台は家に突っ込み、住民を轢きかけます。
車の下から住民を引き出すのに一苦労しますが
見事なチームワークでクリアします。
続いて建物の足場が崩れて宙吊りになった男性の救助では
ジョーンズが自分も危険な状態の中で必死で頑張ります。
ジョーンズはこの仕事に生きがいを見いだせそうになってきました。
せっかくジョーンズが真剣に仕事と向き合い始めているのに
本部に異動になってしまったら気の毒だな。

ベニーが警察に行き、プラットにボイトへの面会を頼みます。
そして二人はなにやら話し合意に達していましたが
詳細は不明。
キーラーはいないことになってしまったようです。
一体何が起きていたのか、いずれ明らかになるのでしょうか。

モリーズではハーマン夫妻の結婚20周年パーティーと
ドーソンの家族たちが集まってのパーティーがバッティング。
みんなで賑やかに祝うことになりました。
問題のケーキが再び登場しますが、シンディは大喜び。
夫婦円満でなによりです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント