INDEX    RSS    ADMIN

The Night Shift S3-#12 「燃える夜」

大規模な山火事が発生。
消防士を始め次々にけが人が搬送されてきます。
女性消防士ヴァレスカは腹部に激しい火傷を負っています。
彼女の治療に対してポールとシャノンの意見が対立。
経験から判断したシャノンは早く治療を進めたがりますが
ポールはきちんとした検査を望みます。
それぞれの判断は結果的にポールが正解でした。
スコットがいないためにポールが手術を行い
腸を切断したヴァレスカは人工肛門をつけることになってしまいます。
でも全然へこたれていないヴァレスカはさすが消防士だと感心しましたが
ドーソンがこうなるのをケイシーは恐れているんだろうなと
リアルに納得させられます。
今回の言い争いでポールとシャノンの関係も決別。
生まれ育ってきた環境の違いは
やはり障害になってしまったようです。

ジョーダンとスコットは罠にかかったコヨーテを助けようとして
自分が罠にかかってしまったデリックの治療を行います。
デリックの腕には罠がしっかり食い込んでいました。
罠は外れたけれどデリックが急変。
罠の欠けた刃が体を回っていました。
刃を取り除いて安心です。

ケニーは自動で出せる薬が勝手に減っていることに気づき
無断で出した者を探そうとします。
薬局に立ち寄った者の中にアニーがいて
依存症のアニーは当然疑われますが彼女は否定。
スコットもアニーを信じます。

ブリアナはドリューとの養子縁組を祝うパーティーを楽しみにしていましたが
ニーナがストップをかけに来ます。
理由はブリアナの実父が見つかったから。
親権をめぐって裁判になれば、実父の方が当然有利です。
実父ジャスティンはようやく娘が見つかったと
ブリアナとの面会を望みます。
ドリューは焦りますがどうにもならず。

元兵士のマックが
もう一度戦地に行きたいので健康診断書にサインして欲しいと
トファーに頼みにきます。
トファーはきちんとした検査を行おうとしますが
マックは一刻も早くサインが欲しい様子。
銃槍の後遺症が出るのはわかっているし
ここにいても落ち着かない。
それはドリューにも納得できました。
山火事は収まらず
スコットとジョーダンはマックと一緒に
現場へトリアージに行きます。
そのときジョーダンはTCの上着を着て行きましたが
ポケットに薬が入っていました。
やはりアニーの仕業だったんですね。

トファーはなんとかサンアントニオを残しておきたいと思っていますが
頼みの綱からも見捨てられ
スタッフはみな失業決定となってしまいます。
そのときポールが父ジュリアンが立て直しができるかもと提案。
希望が見えてきました。

現場に着いたスコットたちは
レスキューに携わっていたけど足が動かなくなった女性を救い出します。
彼女を運ぼうとしたとき4人は炎に囲まれ
身動きがとれなくなってしまいました。
炎よけシートを被って待つしかありません。

シリアとトルコの国境付近の難民キャンプで
TCとシドは治療に当たっていますが
国境越えをしようとする難民の数が多く
ゲートで大騒ぎをしています。
クルド人とアラビア人の衝突も激しく落ち着かず
物資も不足しています。
さらに倒れている病人たちは発疹チフスを発症しており薬が足りず、
十分に投薬するには次の救援物資を待たなければなりません。
TCは自分たちが倒れては治療ができないと
自分とシドの分の薬を確保し
治る見込みのある病人から投薬していきますが
シドは自分の薬を重病人に与えてしまい
彼女に症状が現れてきます。 
空から救援物資が投下されますが
箱は国境の向こう側に落ちてしまいます。

火災現場も国境も危険な状態
そして院内も多々問題を抱えたまま
次回はシーズンファイナルです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント