INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Fire S2-#18 「絶望の淵」

ドーソンとケイシーの間はなんだかギクシャクしたまま。
ドーソンが消防士を目指していることが
ケイシーはやはり気に入らないようです。
家探しの件でもようやくドーソンがその気を見せたら
逆にケイシーが冷め切ってしまっていました。
ドーソンはそのままシェイと女子旅に出ることに。
51分署では代わりの救命隊員として
マクアリーとチャウトがやってきました。
チャウトはおとなしくしていたけど
マクアリーは51分署のあれこれにやたらと突っかかってきます。

アパート火災の通報があり駆け付けると
キッチンから火が出ていて消し止めますが
住人がガスもテレビもつけっぱなしで家を飛び出していることが気になります。
隣人によると屋上にいる可能性があり
屋上に探しに行ったら住人の男性は
建物と建物の隙間にはまって動けなくなっていました。
セブライドがその男性に無線と粉塵マスクを渡し
無線で話をしながら男性を元気づけます。
その間建物の壁を壊して穴をあけ
男性をなんとか引っ張り出しました。

ジョーンズは気持ちの整理をするために休暇を申請。
ボーデンとケイシーは、広報に異動したくなければしなくていいと
消防士として働ける方法を探るつもりでした。
ケイシーはジョーンズ父に直談判に行きますが
差し出がましいお願いがまさに余計だと
完全に無視されてしまいます。

オフィスビルの吹き抜けで
飛び降り自殺をしようとしている男性がいると通報が入ります。
出動すると男性は失恋を悔やんでいました。
ケイシーが近づき説得を試みる間
下では飛び降りたときのクッションを用意。
そして命綱を付けたセブライドが男性に飛びつき
二人で一緒に降りてきます。
男性はすっかり怯えていました。
自殺しようとする者を説得するのは警察の仕事のように思えたけど
時と場合によっては消防に任されることもあるわけで
消防士には話術も必要なんだなと気づかされました。

セブライドのところにブルームが飲酒運転を起こして
警察に連れてこられていると連絡が入ります。
セブライドはP.D.に出向きプラットと交渉。
元消防士でシカゴで復帰を目指していると伝えて
自分が責任を持つと約束します。
ブルームは帰してもらえますが
セブライドはなんとかブルームの酒を断ちたいと考えました。
セブライドはボーデンに相談。
ボーデンはギルドハウスを紹介しながら
ブルームの問題は背中の痛みだけではないのではと疑いを抱きます。
そしてデンバーの消防署に問い合わせたところ
背中のけがは大火災で負ったものでした。
これは肉体だけではなくメンタル面で傷ついているのかも。
セブライドは自分も同じ経験をしているからと支援に積極的ですが
ブルームはギルドハウスに行くと約束した時間に現れず。
自分から更生しようと動き出すのは本当に難しいようです。

ドーソンとシェイは山小屋に到着。
オーナーの夫妻とあいさつをします。
山小屋でドーソンがシェイに愚痴をこぼしていると
外からオーナー夫妻の言い合う声が聞こえてきます。
夫婦喧嘩がだんだんエスカレートしているようで
二人は聞きながらこっそり楽しんでいました。
だが突然物音の後助けを呼ぶ声が。
二人が出ていくと、夫が頭から血を出して倒れていて
大腿骨を骨折していました。
救急車を呼んでも来るのに時間がかかるので
ドーソンとシェイは応急処置を始めます。
タオルとシーツとダクトテープで止血をしたり
木の枝を添え木に使ったり
妻は夫に謝りけがの心配をしています。
小屋を救命士に貸していたのはラッキーでした。

マウチはネットでデートの相手を探すために
プロフィールのページを作りますが写真が最悪。
ミルズたちがアドバイスして作り直すと
デートしたいという女性が現れました。
今度はクルーズを相手にデートの練習をスタート。
マウチの会話がどうにも場違いでみんなはあきれつつも
せっせとアドバイスしてあげます。
その結果マウチは知り合った女性とデートを楽しむことができました。

ハーマンがポーカーをしようとみんなを誘うと
一番乗り気なのはマクアリーで
やたらとその場を仕切りたがります。
だが太っ腹企画なのでみんなでマクアリーの家に行くと
美人妻が現れたのでショックが大きすぎました。
ケイシーはドーソンの留守電に素直に気持ちを伝え
帰ってきたドーソンとまた気持ちを一つにできそうです。

ジョーンズはモリーズに来ると
ハーマンにあと1回シフトに出たら広報に異動すると告げます。
それからドーソンにあてて手紙を書きます。
ドーソンとケイシーのわだかまりが解けたとき
ドーソンに電話が入ります。
ジョーンズの遺体が見つかったという連絡でした。

笑いあり感動あり
特にマウチのデートの練習シーンは爆笑で
楽しく観ていたらまさかの幕切れ。
ジョーンズの結論が自ら命を絶つことだったならとても悲しいです。
消防士は人の命を救うのが仕事
なのに自分の命を救えなかったというのは厳しい見方かもしれないけれど
その前に自殺しようとした男性を救った展開があっただけに
対照的な結末がショックでした。
男性の事例では自殺は衝動的で
だからこそケイシーも自殺を止められました。
ジョーンズがどこまで悩んで結末を出したのか
ジョーンズを救える余地はなかったのか。
ドーソンが遺書を読んで悔やむのかなと
次回の展開がすでに重苦しいものに感じられます。
ジョーンズ父も事態がいかに深刻だったか気づくと思いますが
すでに遅かった。
辛いですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント