INDEX    RSS    ADMIN

Tyrant S3-#9 「強い信念」

モリーが戻ってきてから
バリーの思いは復讐一筋に?!

アブディンとカリフェイトは戦闘状態に突入。
バリーは大統領選挙を延期することにします。
ファウジがバリーに反対する主張を唱えると
バリーはファウジを反逆罪で捕らえると宣言。
かつての大親友はこうして決裂することに。
ダリヤはファウジを国外に逃がすことを考えますが
ファウジはダリヤとガニに一緒についてきてほしいと頼み
3人で国境を超えることにします。

だが途中でダリヤはガニをファウジに残し
国に留まり信念を貫くことを決意します。
戻ってきたダリヤは民衆にアピールし続けますが
モリーがダリヤを宮殿に呼びます。

モリーはズバッとダリヤの浮気を指摘。
モリーの厳しい口調にダリヤがに反撃できずにいると
そこにバリーが現れ一触即発?と思いきや
バリーはダリヤを逮捕すると言い出します。
バリーにとってはダリヤとの愛より
エマのリベンジが重要事項なんでしょうね。
モリーにも逆らえないし。
なんとも危険な状況になってきました。

アルカディと組んでいるレイラも
アルファイードの一族であることを捨てて
政府に反対の立場をとり続け
アハメドとの親子関係も決裂しています。
むしろアハメドとサミーの異母兄弟の方が結束が強くなっているけど
アハメドがバリーの息子であることをモリーには伝えられないし
モリーが知ったらどうなっちゃうんでしょう。

アルカディの妻のナフィーサは
投獄されている兄に面会に行くと
夫を殺害するよう命ぜられます。
指定された薬局に行き毒薬を入手し
アルカディのお茶に毒薬を垂らしてサーブしますが
アルカディが飲む直前に
まずいから飲んじゃダメとお茶を奪います。
するとナディーフの企みがわかったアルカディは
逆にナディーフにそのお茶を飲むように強制
どうなるかハラハラしたけど
ナディーフはお茶を飲むことなく一件落着。
夫婦の愛が勝ちました。

アブディン立て直しに巻き込まれたバリーが
国民の信頼を得てうまく国をまとめたのに
やはり頂点に立つとうまくいかず
結局ジャマルの二の舞を踏むことになったら悲しいです。
とはいえ次回がファイナル。
何らかの結論が出されると思いますが
どうなることやら。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント