INDEX    RSS    ADMIN

Tyrant S3-#10 「アルファイードの危機」

ファイナルエピソード。
架空の国の話だとはいえ
中東情勢の難しさを実感させられました。

投獄されたダリヤをモリーがいたぶり
独裁者の妻としての威厳を見せたのか
夫を寝取られた妻の嫉妬心なのか
モリーの脅しっぷりが怖かった。
そしてバリーもダリヤとの愛を確かめながらも
ダリヤを許すことはなく
しかしエクスリーはSNS等で支持されている
ダリヤを使えると踏んでいます。

結局アルカディは殺害されますが
レイラは着々と選挙運動を続けます。

学生たちの集会で軍隊に発砲したために
軍が反撃。
激しい銃撃戦が起こります。
サミーも背中を撃たれて倒れ
ハリマが助けを呼んでいたらエルミアンがいて
サミーを病院へ運んでくれます。
病院に駆け付けたバリーはエルミアンの姿を見て
また腹を立てていたけどハリマが説明し
エルミアン自身がサミーの恋人だと宣言。
サミーの命は助かりますが
医師は後遺症が残るかもと説明します。
子供たちが次々に犠牲になり
本当につらい話だけど
サミーとエルミアンの関係が
ちょっと進展したのはうれしかったかな。

軍部のトップのマルーフがついにブチ切れ。
今までバリーが大統領になってしまったから
仕方なく従がっていたんですね。
でも仕上げたスピーチをそのまま読んでもらうとバリーに突き付け
アメリカ人にはこの国は任せられないと
これが彼らの本音なのでしょう。

レイラが大統領に。
彼女を支持する人々は喜んでいたけれど
問題が片付いたわけではなく
この先も大変だと思います。
そしてアハメドがバリーにプレゼントだと
ジャマルと同じサイズの肖像画を作らせ
宮殿に飾ります。
よく似ているとアハメドが言った通り
結局バリーもジャマルと同じアルファイードだったんだよね。
バリーにとっては背負わなければならない運命だったのかもしれないけれど
巻き込まれた家族は気の毒でした。

犯罪捜査ドラマでは
あっさりテロリスト扱いされがちの中東の人たちですが
彼らが主人公のドラマではまた見方が違ってくる。
そんな意味でも新鮮なドラマでした。
これでみんなアラビア語を話していたら
もっとリアリティあったのかもしれないけれど
それではこっちが聞き取れないし…
ともあれ貴重な体験をさせてくれた
huluに感謝です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント