INDEX    RSS    ADMIN

Wentworth S4-#8 「ビー殺害計画」

ビーとアリーの関係はより親密に。
アリーが食堂の掃除を終えたころ
グラウンドに出ているビーが戻ってきて
キッチンの備品室で秘密の逢瀬を行うようになってきます。
とはいえビーにはまだ抵抗があり
まずはキスだけ
そして徐々に…と触れ合うことを楽しんでいましたが
その様子を背後でファーガソンが聞きつけ
ビーの殺害計画を練り始めます。

ファーガソンはカズを利用。
カズの刑期が延びたのはビーが告発したからだと思わせ
殺人を犯したくないと訴えるカズに
ファーガソンは自分が手を下すから
手助けしてほしいと頼みます。

もちろんビーがカズを売ったわけではなく
アリーに指摘されてビーはびっくりしました。

マキシンの入院が決まり
ブーマーは付き添いとして病院へ行きたいと
ヴェラに頼み込みます。
ブーマーはマキシンの荷物を用意するなど
献身的に働いてやる気満々です。
だがファーガソンはブーマーが所の外に出るのは無理だろうと
わかっていました。
やはりブーマーの願いは通らず
マキシンは一人で病院へ移送されます。
腹を立てて悪態をついたブーマーは独房へ。

マキシンのいない今がチャンス。
ファーガソンは金を渡して鎮痛剤を入手していました。
そのまま飲むと30分ほどで朦朧としてくることも確かめました。

みんなが食事をしてる時、ファーガソンはこっそり薬をジュースに溶かします。
そしてカズがマキシンの件でビーに文句を言いに行き
騒動が起こります。
その間にファーガソンがビーのジュースを取り換えてしまいます。

ジュースを飲んだビーはその後いつもの備品室へ。
一方カズはマキシンが一人で病院へ送られた件について不当だと訴えるために
投薬の前にみんなで集まるよう命じます。
ビーと待ち合わせをしていたアリーは
カズに従わざるを得ませんでした。
投薬ができないため看守たちも動き出し
大騒動になっています。

ビーは備品室に閉じ込められ助けを呼びますが
だんだん意識が朦朧としてきたところで
ファーガソンが入ってきます。
ビーをキッチンの方に連れて行くと
シンクに水を張って
動かなくなったビーの頭を水の中に突っ込みます。

そのころビーに証言を求めていたコルベットがビーのサインをもらいに来て
ビーに頼まれていた録音を看守に聞かせます。
それはファーガソンがカズを告発する電話の録音でした。
真実を気化されたカズはブチ切れ
ファーガソンを探しに行くと激しいバトルとなり
カズはファーガソンの腕をフライヤーの油の中に突っ込みます。
アリーはビーを救い出しますが
ビーは息をしていませんでした。

ビーは大ピンチでしたが
タイミングよくカズに救われました。
でも予断を許しません。
ファーガソンの火傷も相当重そうです。

ビーがアリーを愛することについて
ブリジットに相談をしますが
レズビアンのブリジットも男性を愛していたこともあると説明。
そして愛してしまったら
性別は関係ないと話します。
そうだよね。
今までいろいろなドラマで
性にはこだわらない素敵な恋人たちを観てきました。
ビーとアリーもそんな関係になれたらと思います。
さらにマキシンを思いやるブーマー。
マキシンは元男性だからちょっと複雑だけど
ブーマーの思いがマキシンに伝わっていて
こちらも素敵だなと感じました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント