INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Med S1-#4 「誤解」

映画館で銃撃事件発生。
館内にいた人たちが一目散に逃げだし
ちょうど入ろうとした母子にぶつかってきます。
母は子を守ろうとして多くの人に頭を蹴とされ
EDに運ばれたときは瀕死状態でした。
EDには次々にけが人も運ばれてきます。

館内で発砲した者がいて
銃を持っていた男性ミラーがその相手を撃ち
ミラー自身も額に傷を負いEDにきますが
目撃者の証言などからミラーは
SNSでヒーロー扱いされていました。

一方犯人と思われる少年ピーターも銃弾を受け
EDに運ばれてきます。
患者を対等に扱わなくてはならないことをわかっていても
医師たちの対処はややぞんざいだったかも。
EDで開胸し、すぐにオペとなりますが
肝臓がダメージを受けていました。

ところがその後の警察の調べで
ピーターは銃ではなく落ち葉を飛ばす道具を持っていて
銃のように振り回していたことが判明します。
P.D.のハルステッドとリンジーが
ミラーの事情聴取をしますが
ミラーにはそれが銃に見えていたようでした。
ミラーは銃を携帯する許可は持っていましたが
ピーターを撃ったのは勘違いだったことが明らかになります。

この事実が明るみになると
SNSのつぶやきは一転し
ミラーはヒーローから、銃を撃った張本人に様変わりしてしまいました。

息子を守った母親は息を吹き返すことなく死亡。
臓器が提供されることになります。
父親も同意しぐに移植チームが来ますが
ピーターには移植する肝臓が必要でした。
検査の結果が一致し、すぐにでも移植ができる状態でしたが
問題は父親が、妻を殺すきっかけとなった少年に
臓器を提供する意思があるかどうかです。
父親は最初は難色を示しますが
ピーターに将来があることを話すと
父親は同意書にサインします。
しかし父親の思惑は
妻を死に追いやったピーターを生かして
彼を恨み続けることにありました。

そしてヒーローから罪人に一転してしまったミラーは
車の前に飛び出し即死します。

ピーターの悪ふざけはやってはならないこと
今までもその道具で人々を驚かせていたようですが
映画館に持ち込み振り回すなんてあり得ません。
それを銃による攻撃と勘違いしたミラーの判断は
避けられなかったことなのかもしれないけれど
でも映画館に銃を持って入ってほしくなかったです。
ピーターと父親の間のわだかまりがなくなればいいけれど
なかなか難しい問題ですね。

そしてSNSに振り回されないように。
一躍ヒーローになった自分が一気に突き落とされたことに
ミラーはショックが大きすぎました。
スマホを持っていなければ、自ら死を選ぶことはなかったかもしれません。
今回も考えさせられる場面が多々ありました。

せっかくハルステッド兄弟が病院にそろったのに
2ショット場面はなし。
もしかしたら仲が悪いのかな?
この兄弟の関係が謎のままなので
早くどこかで解明してもらいたいです。
きっとP.D.の先を観たらわかりそうな気がするけど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント