INDEX    RSS    ADMIN

Wentworth S4-#9 「生還」

ビーは意識を失っていましたが、ウィルが心肺蘇生をして回復します。
だがビーには何があったのか全く記憶がありませんでした。
薬のせいなのは確かですが、それもいつ飲んだかわからないし
ビーは意識を失っていた時、娘の姿を見ていました。

ビーを診察したブリジットは
彼女の内股に残された自傷行為の傷跡から
彼女がうつ状態で苦しんでいたことに気づきます。

ブーマーやリズなどは
アリーもカズの一派でビーの殺害計画に加担したと感じていましたが
アリーは何も知らなかった、かかわっていないと否定します。

ウィルが勝手にカズにファーガソンの密告電話を聞かせた件で
騒ぎが大きくなってしまったため
ヴェラはウィルに、カズに近づかないよう厳重注意します。
カズはファーガソンに騙されていたことを認め
ビーに自分の過ちについて謝りますが
アリーはビーを誘惑したのも作戦だったと付け足します。

ビーがそんなことを話したとは思ってもみなかったアリーは
自分がビーを助けたと主張しますが
ビーには信じてもらえず
ビーはすっかりアリーに騙されたと相手にしません。
アリーはどんどん辛い立場に追いやられ
孤独になります。

ファーガソンが病院から戻ってきますが
裁判が始まるまで隔離状態にしておくとヴェラは宣言し
ジェイクがファーガソンの担当になります。
ファーガソンは話巧みにジェイクを操ろうとしますが
ジェイクは冷静にファーガソンの言動をヴェラに伝えます。
ファーガソンはジアナの息子のシェインと面会し
シェインを味方につけようとします。

フランキーがビーの面会に来ます。
ビーは久々の再会を喜び
本音をフランキーに語ると
フランキーはビーの失恋を励まします。
その後シェインの情報を得たビーは
フランキーに調査を依頼します。

ウィルはカズを懲らしめようとしますが
逆にカズとメルにつかまって辱められ脅されます。
無線に出ないので探しに来たジェイクに助けられますが
ジェイクは報告を控えます。

マキシンの手術が終わり
ウェントワースに戻ってきます。
大喜びしマキシンを気遣うブーマーに
マキシンは保存していた自分の精子の提供を決意します。
ブーマーは大感激です。

マキシンの前になかなか姿を見せなかったビーですが
マキシンに会うとアリーに騙されていたことを話します。
するとマキシンはアリーの言動は本心だと指摘
納得したビーがアリーに会いに行こうとすると
アリーはコカインに手を出していました。

カズたちとビーの間のパイプ役になり
いつしかビーと恋に落ちていたアリー。
半信半疑だったビーもこれが恋だと気づいていたのに
殺されかけたことにアリーも絡んでいたと聞かされ
アリーへの思いが恨みに変わってしまいます。
それもカズの一言が致命傷でした。
いくらアリーがすがっても信じてもらえないし。

フランキーやマキシンが目覚めさせてくれたことで
ビーは真相を知りますが
すでに遅かったかも。
アリーが崩れなければいいのですが。

マキシンとブーマーの関係がとても素敵で♪
二人もまた性を超えた部分で気持ちがつながっているのかな。
お互いを思いやることの大切さを教えてくれています。
無事にブーマーが妊娠できたとして
二人の子供っていったいどんな子になるのかな。

そして気になる新たなファーガソンの企み。
おそらくブリジット経由で
フランキーが味方に付いてくれるのが
ビーたちにはありがたいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント