INDEX    RSS    ADMIN

Wentworth S4-#10 「虜」

ドラッグに手を出して、誰にでも声をかけまるで娼婦のようにふるまうアリーを
ビーは一度は自分の管理下に置いて更生させようと考えますが
アリーを手元に置くことで自分の立場は危うくなるし
アリーを信じられなくなっているビーは
結局アリーをカズにゆだねます。
ビーに助けを求めてすがってくるアリーを
冷たく突き放すビーは残酷にみえるけれど
仕方ない選択だったのかも。
アリーがルーシーたちにボコボコにされたときは
見かねて助けに行ったけれど
そこでアリーが愛してると懇願しても
やはりビーはアリーを突き放します。

ウィルはカズの携帯に残っている屈辱的な動画を削除したくてジェイクに相談すると
ジェイクはたやすく引き受けてくれます。
ジェイクはすでにヴェラと寝ていて
ボイラー室にこっそりヴェラを誘うなど
どんどん行動が大胆に。
ファーガソンについては一応ヴェラに報告していましたが。

そんなジェイクが考えたのがアリーを使うこと。
禁断症状が出始めるアリーにドラッグを渡す代わりに
カズの携帯を持ち出してくるよう命じます。
計画は成功、携帯はウィルの手に入りますが
アリーはさらにドラッグにおぼれます。

ドリーンはジョシュアがナッシュの元カノになつき
3人で仲睦まじく過ごしている様子が気に入りません。
ジョシュアがとられてしまうのではと不安を感じたドリーンは
ジョシュアを自分の手元に戻そうと考え
カズに頼んで外部の力を借りようとします。
だがそれはとても危険なことに気づいて事前にストップをかけますが
その結果ナッシュはジョシュアを連れてパースの実家に戻ると言い出します。
パースに行ったら面会は難しくなってしまいます。
ドリーンの行動はさらに墓穴を掘ってしまいました。

支援センターで働くフランキーは
シェインの生活支援のために尽力するという建前でシェインに近づき
彼から情報を聞き出しながら親しくなってきます。
そして彼に定職と住所が必要だと話し
シェインはファーガソンと面会して
ファーガソンの家に住まわせてもらうことになります。
その結果フランキーはファーガソンの家の中に入ることができました。
こうしてフランキーもファーガソン潰しに一役買っています。

マキシンがH棟に戻ってきて
いよいよブーマーの妊娠計画が始まります。
マキシンは保存していた精子を入手できましたが
問題はブーマーがどうやって受精させるか。
ブーマーは体調不良を装って医務室に行き
注射器を盗もうとしますが失敗。
ブーマーは独房に入れられてしまいます。
だが早く精子を使わないと効力が失われます。
そこでソニアのアイディアでキッチン担当に金を渡して注射器を盗ませ
ホットドッグの中に注射器を隠して独房のブーマーに届けました。
これでうまくいけばいいけれど。

すっかりボロボロになっているアリーが
実は最初に蘇生を行ってくれたことをビーは知り
ウィルに確かめると事実でした。
ビーは改めてアリーを引き受け
薬断ちをさせることにします。
誤解が解けてよかったけど
ビーもアリーも、立場が難しくなってくるのかも。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント