INDEX    RSS    ADMIN

Wentworth S4-#11 「土壇場」

ビーとアリーの親密度が増し、二人がべったり状態なことに
ビーの仲間たちは快く思っていますが
カズは今こそビーを潰すときだと考え
ティナたちと策を練ります。
一方ビーはカズたちの視線に脅威を感じ
ルーシーらと手を組もうとしますが
さすがに拒否されます。

ジェイクは売人のタークから大量にドラッグを買い付け
ウェントワースでティナたちに売っていました。
だがタークに払う金が間に合わないため
ヴェラに投資の話での援助を頼み
給料の前借りをします。

ファーガソンにシェーンは自宅に置いてある
自分の過去を整理した箱を見るように頼み
自分やシェーンの母はウィルにはめられた
罰せられるべきなのはウィルだと強調しますが
そもそもファーガソンに捨てられたことにシェーンは腹を立てていて
聞く耳を持ちません。
ファーガソンの家で友達を呼びパーティー三昧のシェーンに
様子を見に来たフランキーは怒鳴りつけますが
ファーガソンの資料を見ることになります。

まだ金が全然足りないジェイクは
ウィルをバーに連れていき投資話を持ち掛けますが
ウィルは相手にしてくれません。
一方フランキーの名をファーガソンの前で口にしたシェーンは
ファーガソンからフランキーの企みを知らされます。
そしてバーに行ったフランキーを追ったシェーンは
トイレでコカインを吸っているウィルを見つけ
ウィルを潰そうという思いが強まってきます。

ティナがキッチンの隠し場所からドラッグを持っていくのを見たアリーは
ティナに口止め料としてドラッグを渡されます。
アリーはビーに知らせようと部屋に持ち込みトイレに隠しますが
うまく隠し切れず、結局ビーが見つけます。
アリーからドラッグが流通していることを聞かされたビーは
ヴェラに密告に行き
ヴェラは流通元を見つけるために抜き打ち検査をすることにします。
その結果ティナのドラッグが発見され、ティナは独房行きになりますが
ジェイクは自分が元であることがバレないかヒヤヒヤし通しです。
一方カズはビーがドラッグの件をヴェラに密告したことを非難し
ボスは失格だと怒ります。
カズの攻撃に、自分はウェントワースでのドラッグの蔓延を食い止めたかったと答えたビーは
自らボスの座から降りることを宣言します。

こうして自由の身になったビーは
ようやくアリーと愛し合うことに。
幸せなひとときが訪れます。
ところがそわそわし遠しのジェイクの様子に見かねたファーガソンが尋ねると
ジェイクはピンチ状態で命を狙われていることを白状します。
するとファーガソンは金を貸すことをあっさり承諾。
その代わり条件を出してきます。

アリーが一人でシャワーを浴びていると
ファーガソンに襲われ、薬を打たれてしまいます。

これが刑務所ドラマなんだよね。
やっとつかんだ幸せは決して長く続かない。
OZで痛感させられましたが
やっとビーとアリーの思いが通じ合ったのに
またもやファーガソンのリベンジに遭ってしまいます。
元看守の囚人は本当にたちが悪い。
そして看守自身も相当腐っています。
こうでもしなければやってられないのかもしれないけれど。
やたらとジェイクが調子がいいのは
ドラッグの流通経路をウェントワースに確立するためだったわけで
ヴェラが真実を知ったらどうなるんだろう。
またヴェラの苦悩が倍増しますね。
そして次々に新たな手を見つけてくるファーガソン。
シェーンもジェイクも巻き込み
パワー全開です。
フランキーに頑張ってもらわないと!

マキシンは抗がん剤治療が辛そうですが
仲間たちが応援してくれています。
絆の強さに感動しますが
次回がいよいよシーズンファイナル。
アリーはまた薬物中毒にさせられてしまうのか
ビーはどう反撃するのか
予断を許しません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント