INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Fire S3-#1 「永遠に」

爆発事故でシェイを失って時がたち・・・

現場で大けがをしたミルズが復帰してきますが
セブライドは無断欠勤を続けたまま
105分署で消防士としてのスタートを切るはずだったドーソンは
救命士の穴埋めをせねばならず51分署に残っていましたが
新たにブレットが異動してきて
ボーデンはドーソンの手続きをしようとしていました。

ボーデンには51分署を立て直す必要がありました。

誰にとってもシェイの殉職はショックでしたが
特に仕事上のパートナーとしてのドーソンと
プライベートでのパートナーだったセブライドにとっては
その辛さは並大抵のものではありません。
ドーソンは平静を装い仕事をしていますが
ケイシーには早く結婚したいと言ってみたり。
実は兄も大変だとも言ってましたが
こんなところでもP.D.とリンクができています。
ブレットが新パートナーになり
ブレットは初めにシェイには慣れないと断っています。
こんな状況で異動してくるのも気を遣うよね。
しかしブレットにはドーソンにないスキルを持っていることがわかり
ドーソンもそれを認めます。
ドーソンが本音を吐いて嘆いたのはオルロフスキーのカウンセリングの場で。
毎日通っていてもずっと無言だったドーソンが
オルロフスキーの問いかけに
自分がシェイと場所を替わったせいだと泣きじゃくりだします。
逃げ遅れた人の治療をしているときにシェイと場所を交替したとたん
梁が落ちてきてシェイの頭に直撃。
そのままシェイは逝ってしまいました。
ドーソンの胸の内にはそれがずっと引っかかっていたのでした。

セブライドにとっては心の通い合ったルームメイトだったシェイ。
初対面からすぐ同居を決めたようで
二人で同居の際の契約を決めたとき
お互いに録画しあった映像が残っていました。
セブライドはその映像を観ながら涙します。
最初からレズビアンを公言していたシェイならではの
男女の枠を超えた信頼と友情。
その後もいろいろなことがあったけど
素晴らしいパートナーでした。

セブライドは二人の家にいられずに
森の中に引っ込んでいましたが
ボーデンに探してくるように言われたケイシーが
ボーデンの手書きの日誌を持って現れます。
几帳面な字にボーデンの性格が表れていた気がするけど
アンディにしてもシェイにしても
彼らの死は命を救った数としてカウントされていると
ケイシーはセブライドを説得します。
そのうちセブライドは自宅に戻ってきて契約映像を視聴。
51分署に戻ろうとし始めました。

ボーデンにとっても衝撃は大きく
マウチはダブルデート計画でボーデンを励まそうとします。
ボーデンとドナ、マウチとプラットという黄金のコンビ?が登場しましたが
マウチとプラットが続いてたんだ!とびっくり。
そしてプラットとはしゃぎっぷりが半端ない!!
父親とルゼックとの偽デートのときと
全く別人なんだもん。
そしてマウチはボーデンに
Led Zeppelinのコピーバンドのライブにご招待。
あまり乗り気じゃない顔をしていたボーデンですが
ZepのTシャツを着て登場し
実はZepのファンだったことが判明しました(笑)

今シーズンも見どころ満載。
いきなりショック大でしたが、楽しませてもらいます。
それにしてもシェイの回想シーンで
様々な理由で去ってしまった人たちの姿があったことに恐れ入り
細かい部分への配慮がすごい!と改めて感心させられました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント