INDEX    RSS    ADMIN

Chicago P.D. S2-#1 「取引」

ジンが殺害された件でボイトは内務調査に呼ばれ証言させられますが
ボイトは無関係であることを断言。
部下たちに身内の事件を捜査できないことを伝えると
ドーソンが情報屋のアリッサから得た現金輸送車襲撃の摘発に向けて
準備を進めることにします。
ルゼックが現金輸送車に潜入しますが
そこに車がぶつかってきて銃撃戦に。
犠牲者が出て、現金も持ち去られました。
調べていくうちに黒幕は
かつてオリンスキーが親しくしていた女性を殺害した兄弟と判明。
オリンスキーは捜査に力が入ります。

ハルステッドのところに郵便物が届き
生前ジンが用意し郵送していたUSBであることが判明します。
ハルステッドがは中身を見てリンジーに相談。
中にはジンがスティルウェルに脅されてボイトを探っていた一部始終が
記録されていました。
ハルステッドは捜査に役立つかもとボイトに渡します。
一方スティルウェルは、ボイト復職に際し
内務調査に協力するという条件だったと
ボイトが裏切れば職を失うと脅してきます。
その後ジンの母親が署に来て
ジンが警察で働くのは夢だったと
息子を失ったにもかかわらず、ボイトに感謝の言葉を伝えました。
特捜班に入るまでうまくいかずに苦労していたこともあったようだけど
ジンはやっぱりアーチーにしか見えず
職種が一緒だから大ベテランのイメージで
母の言葉は違和感だったんですが(苦笑)
それはともかくボイトは決意を固め
部下たちに自分が大物を捕らえるために
悪徳警官を演じて内務調査に情報を渡していたことを告白。
そしてスティルウェルを売ることにして
結果スティルウェルは逮捕されます。
これで一応ボイトはクリーンになったのかな?
その後で金庫に隠してあった怪しい金?を
借金の返済に使うようジンの父親に渡していました。

一方追っていた悪党を捕らえるため
輸送車襲撃にかかわった男を捕らえて口を割らせると
悪党が犯した殺害の証拠品を渡すために金銭が動くようで
そこに特捜班が踏み込むことになります。
大物は無事につかまりましたが
またしても銃撃により大物の弟をハルステッドが撃ち
その後大物はハルステッドの首に賞金を懸けま

ナディアが特捜班の電話番を担当。
張り切って働き始めました。
なるほど、だからナディアは重要人物だったんだと
これもSVUを観ただけではわからないことでした。
バージェスの新たな相棒ローマンは
相手が女性なのが不満なようで
バージェスは気を使います。
でもそのうちローマンは
元パートナーも女性で好きになりそうになったと言い出し
だから避けてるのかな。
そしてバージェスとルゼックは絶好調のようですが。

P.D.の仲間がモリーズに行ったらブレットが飲みに来ていて
こちらでも新人紹介ができちゃうなんてすごいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント