INDEX    RSS    ADMIN

Downton Abbey S6-#3 「晴れの日に」

カーソンとヒューズの結婚式の日が迫っていますが、ヒューズは浮かない顔。
コーラがヒューズに問いただすと、ついにヒューズは自分なりの披露宴を行いたいと話します。
お屋敷とは別の場所で、大勢の人を招いて、テーブルには食べ物がたくさん並んで
できれば学校のようなところがいいと。
メアリーはまるで理解できない様子でしたが、コーラは納得。
ヒューズの願いが叶うことになります。
ヒューズは茶色のドレスを直して着るつもりでしたが
パットモアがカタログ通販を紹介します。
この時代から通販があったんだ!

トーマスは新たな就職先を物色。
由緒あるお屋敷の仕事を見つけ面接に行くと
屋敷はボロボロ状態。
領主はいるものの、通いのメイドが来てるだけです。
領主はお屋敷がいかに立派だったか
著名人が来ていたと自慢しますが
いまさらどうにもならず、トーマスはさっさと辞退します。

病院の統合問題ではイザベルとコーラが
バイオレットと対立。
全く妥協点が見つからず
バイオレットの立場がどんどん危うくなっていく感じです。
バイオレットの屋敷では、スプラットに何か秘密がある様子。
デンカーが探ろうとしますが、スプラットは隠し通します。
ところが警官が来て、
スプラットの甥が罪を犯して収監されていたけど脱走しているようで
甥の情報を求めに来ます。
そういえばガサガサ音がしていたけれどとデンカーは気にします。

イーディスはロンドンで、雑誌を仕上げて印刷所に送らなければなりませんが
役に立たない編集者をクビにしてしまいました。
その前に偶然会ったバーティーとお茶を飲む約束をしていたのに
それを返上して徹夜仕事をしなければならなくなってしまいました。
イーディスはルールズで待っていたバーティーに断りに行くと
バーティーが編集室に来て手助けをしてくれたので
何とか編集が間に合いました。
ルールズはロンドンのガイドブックにも載ってる名店です。
立派すぎて近寄れなかったけど(苦笑)

ヒューズのドレスが届いたけど
写真よりずっと地味でパットモアはがっかりします。
メアリーがブローチを貸してくれると言ってくれましたが
コーラのコートを借りてきたら見栄えがするかも。
メアリーがコーラに伝えると言ってくれたので
ヒューズとアンナ、パットモアがコーラの部屋でコートを物色していたら
何も知らないコーラが来てびっくりし、怒り始めました。
3人が誤解を解くために説明。
メアリーもコーラに会えず伝えられなかったと話してコーラは納得。
今度は勘違いして怒ったことを詫び、
コートを直して着るようプレゼントしてくれました。

カーソンとヒューズの結婚式。
いつもの教会で厳かに式を挙げた後は
伯爵家も使用人も、みんな一緒に楽しんでいます。
デイジーはメイソンの仕事が決まったと思い込んで
コーラに感謝していますが、それはまだでした。
さらに素敵なサプライズが!
ボストンからブランソンとシビーが戻ってきたのです。
ボストンでうまくいっていないという手紙が届き
メアリーは気にしていましたが
ブランソンはまたダウントンに戻って
みんなと一緒に生活したいと頼みます。
子供たちも大喜び。
めでたしめでたしでしたが
またさらにブランソンが巨大化した気がして…

downton6-3.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント