INDEX    RSS    ADMIN

Wentworth S4-#12 「激怒」

ビーは目覚めると隣にアリーがいないことに気づき
シャワーを浴びに行ったとリズが教えてくれたので
シャワールームに行きます。
するとそこには注射器と倒れているアリーの姿が
ビーはすぐに緊急ボタンを押します。
アリーは病院に運ばれますが、意識不明のままです。
ビーはカズを疑い、二人は激しいバトルに。
しかしカズの仕業ではありません。
額が切れ、頭を打ったビーは
しばらく医務室にいます。

ビーはアリーはクリーンになったので
何者かに注射を打たれたはずだとヴェラに訴えます。
看守も含めれ全員の薬物検査が行われ
前日ドラッグでぶっ飛んでいたウィルが困っていると
ジェイクが担当看護師をうまく言い含めると請け負います。

ファーガソンの裁判の日になり出廷する前に
ファーガソンは勝ち誇った表情でビーに声をかけます。
そのときファーガソンがアリーを襲ったとビーは断言します。
ビーはフランキーと連絡を取り
シェーンを見張るように頼みます。
だがシェーンは自宅におらず
彼が友達から借りて乗って言った車は
裁判所の前に止まっていました。 
裁判を妨害しようとするシェーンを
フランキーが止めようとすると
シェーンはフランキーに銃を向けます。
フランキーは体を張ってシェーンを説得。
刑務所に行ってはいけない!
フランキーの言葉には説得力がありました。
シェーンは諦めて戻ります。

これで安心かと思ったら
証言予定のジェスパーの護送車が襲われ
運転手だけでなく、ジェスパーも撃たれて死亡します。
車は火をつけられて証拠隠滅。
仕掛けたのは覆面を被ったジェイクでした。
どこまでファーガソンの言いなりなのか。
借金している以上従わざるを得ないのでしょうが
バレずに済むのかが謎。
麻薬に殺人に…ジェイクこそ捕まったら間違いなく終身刑ですよね。

証人がいなくなってしまったため
ファーガソンを有罪にする証拠がなく
ファーガソンは釈放されることになります。
ファーガソンは得意げにウェントワースに戻ってきました。
マキシンは化学療法のため病院に行くので
アリーの様子を見てくることを約束します。
するとアリーは症状が重く助からないだろうという医者の判断が出て
ビーは電話越しにアリーに声をかけます。

ビーはヴェラに
ファーガソンが釈放される前に二人だけで会わせてほしい
そのとき有罪となる言葉を引き出させて録音し証拠にすると頼み
願いを聞き入れてもらいます。
ビーは壁に隠してあったシャンクを取り出すと隠し持ち
房を出ていきます。
釈放されたファーガソンが一人建物の外に出ると
ビーが近寄ってきました。
ビーはファーガソンに怒りをぶつけ刺そうとしますが
逆にファーガソンにシャンクを取られてしまいます。
するとビーは自らファーガソンに近づき
ファーガソンがビーを刺すように仕向けます。
気が付くとファーガソンはビーをめった刺しにしていました。
その頃病院では心停止状態のアリーに除細動器が当てられ
アリーは目を覚まします。

ビーはこのままアリーと一緒に旅立つつもりで
自らの命を投げ出してファーガソンを有罪にしようとし
彼女のまさに命がけの行為は成功しましたが
アリーはもしかしたら助かるのかも。
それも悲しい結末です。
しかしクイーン・ビーは最期まで
ウェントワースに君臨していましたね。
彼女が主人公のドラマでビーが去ってしまったら
この先話がどうなっていくのか。
今のところカズがボスになったけど
ファーガソンも戻ってくるだろうし
ジェイクはとんでもない悪党だし

S5も順調に始まっているようで
早く日本上陸してほしいです!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント