INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Med S1-#8 「再会」

中東の王子がバイパス手術を行うということで
名医と言われるダウニーが登場。
ローズが組むことになりますが
ダウニーってかなり変わってるかも。

マニングが仕事に復帰。
早速呼吸困難で運ばれてきた少女を担当します。
父親は少女をしっかりと管理していて
病歴や検査結果などからミトコンドリア病と判断し
対処療法をしてきました。
でもマニングやハルステッドは、少女がミトコンドリア病だとは思えません。

チョイの軍隊時代の仲間のメイソンが訪れ
診察すると大腸がんであることが判明します。
もっと早く診断を下されるべきだったのに
軍の病院は検査を怠っていました。

ハルステッドらは少女がミトコンドリア病だと特定するための検査を受けるように促しますが
父親はそれをかたくなに拒否します。
少女が体調不良を起こしたのは母親が亡くなってからで
そのあと父親が付きっ切り状態になっていました。
少女は父親がいないところでは元気になるのに
父親の姿が見えると。また調子が悪そうにしています。
その様子をチャールズも交えて分析し
父親の虐待が疑われることになります。
少女の変化をこっそり録画したのは違法でしたが
もし虐待が見つかれば、病院には通報の義務があります。
チャールズがそれとなく少女に聞き取りをし
結局少女は父親と離れることに。
こういう展開ではまたしてもグッドウィンがヴァン・ビューレンに見えてくるし
SVUを観ているようにも感じられます。

チョイが軍の病院に直談判に行ったのもすごかった。
皆それなりに事情があるんだね。
メイソンが軍のリユニオンに出席するために
そこまでは生きていたいと強く願い
チョイは実現させました。

リースと検査技師のトーマスがいい感じ♪
この先が気になります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント