INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Fire S3-#2 「心の穴」

セブライドが51分署に戻ってきますが
本来の彼の姿ではありません。
ブレットの姿にシェイが重なって見えてしまうし。
車が水中に落ちかけた事故では
適切な判断で車内にいた少女を救出できましたが。
シェイとの家には住めないと
セブライドはケイシーの家に居候を始めます。
だが帰宅しない日があり
ケイシーはリンジーと一緒ではないかと思っていましたが
セブライドは酒浸り状態でした。
モリーズでも飲みすぎてブレットに絡んでしまいます。
リンジーとのデートを約束していてもすっぽかし
リンジーは友達として支えていくと答えてくれましたが
二人の関係も暗礁に乗り上げちゃったかな。
でもセブライドにとってリンジーは大切な存在ではあるようです。

ケイシーはドーソンのトレーニングを手伝うふりをして
非常階段のてっぺんに婚約指輪を置いて
正式にプロポーズ。
もちろんドーソンもOKし、正式に婚約となったけど
ドーソンの異動が確定しないと結婚ができません。
ドーソンは105分署に行き、ウェルチにアピールしてきますが
しばらくしてウェルチが51分署に来て出した結論は却下。
女性消防士はいらないということでした。
ドーソンが異動できなければ、結婚も先の話になってしまうし
ボーデンは異動先を探すと約束してくれます。

ヤク中の男が倒れているという通報があり
目を覚まさせたら姿を消してしまいましたが
ブレットの家が現場の近くで
治安の悪いところなのでドーソンは心配します。
ブレットは敷金が安かったからとあまり気にしていない様子で
中は素敵な家でした。

ハーマンは業績回復のためにモーリス2号店をオープンさせたくて
マウチやクルースにアイディアを募ります。
マウチがプレゼンしたけどややこしすぎて意味不明。
クルースも自分のアイディアを具現化するために頑張り
ニューハウスが署に連れてきていた娘にも手伝ってもらい
出したアイディアはフードトラック。
これは画期的だとハーマンも大喜びします。

ミルズは父方の祖父を探し当てますが
母から白人である父方の家族に
ひどい仕打ちを受けたという話を聞き憤慨します。
ミルズは救助作業で逆さ吊りになったとき
意識を失い危険な状態になりますが助かります。
装備に不具合はなかったようで、
原因は何だったのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント