INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Fire S3-#5 「守りたいもの」

セブライドの飲みすぎ状態は続いています…

ビル火災が発生し、現場へ急行。
はしご隊はお下がりのはしご車をオーチスが運転するという
クルースにとっては自分は悪くないけれど
どうにもやりきれない状態です。
現場ではドーソンが屋上に上がって排気をするのに
ケイシー自らが同行を願い出
小隊長が排気するのかとハーマンは納得いきません。
そのうち焼け出された人がベランダに姿を見せ
クルースは一人ではしごを動かすとはしごに上り
その焼け出された人を抱えて降りてきました。
車は運転できなくてもはしごを動かした。
クルースの救助の様子をボーデンは高く評価します。
ケイシーたちは炎が回ってはしごが付けられなくなったため
ロープを垂らして壁伝いに降りてきますが
ドーソンのロープが引っかかって一苦労。
ケイシーのアドバイスで無事に降りることができます。

クリスティの娘のバイオレットが
ケイシーを訪ねてきます。
学校でけんかをしたバイオレットはク
リスティに内緒で居残り同意書のサインを
ケイシーに求めてきました。
ケイシーが知らない間にクリスティたちが引っ越し
バイオレットも公立校に通い始めたことを聞いて
驚いたケイシーはクリスティに会いに行きます。
そこでケイシーはクリスティが離婚寸前で
金銭的にも厳しい状況であることを知ります。
ケイシーは夫のジムに会いに行きますが
秘書の女性とただならぬ仲だと感じ
ドーソン兄に調べてもらおうと思ったら
同じく夫婦の危機の兄ではなく
ルゼックに頼んだ方がいいとドーソンがアドバイス。
ケイシーはルゼックに調査を依頼します。
特捜班は暇なとき?はこんな探偵仕事もやってるんですね。
ルゼックはしっかり働いていました。
その結果ジムの会社には問題がなく
離婚するとクリスティが損することが判明し
ケイシーはジムに脅しをかけに行きます。

署の前に止めっぱなしのフードトラックは
ずっと違反切符を切られ続けてボーデンはお怒りです。
マウチは警察に行きプラットに何とかしてくれと頼みますが
さすがにプラットでもどうにもしてくれませんでした。

ハリソンと寝てしまったブレットは
ハリソンの誘いに心が揺れ動きます。
ブレットが帰宅すると家の中がぐちゃぐちゃ
しかも強盗が何か物色していました。
ブレットは強盗を撃退。
その様子を知ったハリソンは
ますますここは危険だからとブレットを連れ帰ろうとします。
だがそんなハリソンの態度が気に食わず
逆にブレットはシカゴで働き続けることを決めました。
強盗の件、まさかハリソンが手をまわして仕組んだりしてないよね?
そこまでやってたらさすがだと思いますが
その後警察の捜査が全く入ってないのが不思議。
せめてバージェスかローマンに話を聞きに来てもらいたかったです。

セブライドの飲みに付き合うのはみんなうんざり。
ついにコニーが付き合わされていました。
なかなかいい感じだったけど。
そんなセブライドだけど、古いビルのエレベーター故障の時は大活躍。
機転を利かしていました。

ボーデンは署長にクルースの機関員復帰を願い出ますが
ボーデン自身の昇進がかかわることに。
それでもボーデンは部下の活躍を称えます。
こうしてクルースは再びはしご車を運転できることになりますが
オーチスが甥っ子たちをはしご車に乗せて張り切っていたので
喜びはもう少し先に取っておくことにしました。
ハーマンはドーソンにイライラをぶつけ
ドーソンはハーマンからの指導を求めます。
確かにケイシーからは距離を置いた方がいいかも。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント