INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Med S1-#12 「逮捕」

もうこのED嫌だ!!(爆)
毎回スタッフが問題起こしすぎです。

交通事故で緊急搬送された若者を
追いかけてきたのがパトロール警官。
飲酒運転だと思われるので血中アルコール濃度を調べさせてくれと頼んできますが
ローズはすでに緊急手術の準備を始めているし
病院に入ったら命を救うのが先決だとロックウッドが拒否したところ
警官は公務執行妨害だとロックウッドを逮捕してしまいます。
ロックウッドはそのまま留置所送りに。
グッドウィンは事情を説明し釈放してもらえるように
ボイトに会いに行きます。
というわけでMedにボイト登場。
グッドウィンとは親しいようで、打ち解けて話していました。
一方若者の父親が病院に駆け付けますが
ローズがアルコール検査をさせなかったことをに反応し
これで飲酒運転をもみ消せたと喜びます。
結局ロックウッドは釈放されますが
ローズは父親の姿に自分の父親がかぶって
腹が立っていました。

車にぶつかり足を骨折した弁護士の男性は
早く仕事に行きたいと担当したリースに退院を願い出ます。
その様子を見ていたチャールズは男性は自殺願望があると判断し
男性に話を聞き出そうとしますがなかなかうまくいかず。
何度も話していくうちにようやく本音が出てきました。
それよりチャールズの様子が変。
ワイシャツは汚れたままだし。
リースがチャールズの部屋を覗くと
部屋の中もぐちゃぐちゃです。
後でチャールズがカウンセリングのドクターと話している様子では
チャールズ自身も精神疾患を抱えてる?
違和感を覚え薬をやめているので、様子がおかしいようです。
薬の量を変えて治療していくらしいけど
それでも精神科医ができるんだな…と驚きました。

マニングが担当した泣き止まない乳幼児は
揺さぶられっ子症候群の可能性が見られました。
症状からも母親の話や様子からも虐待はほぼ間違いないと
マニングは児童保護局へ連絡することにします。
でも連絡してしまったら母子は離され
万が一違っていたら取り返しのつかないことになります。
グッドウィンは警告したのですが
マニングは乳幼児のかかりつけ医からのデータを調べていくうちに
出血は子供が生まれる前、母親の胎内にいた時に
母親が事故に遭って傷ついたからだと発見します。
これで虐待の可能性はなくなり
母親のもとに子供は帰されますが
病気が治ったわけではないので苦労は続きそうです。

ハルステッドはまだ治験患者のことを気にしていますが
娘に会った時に注射を打ってからお母さんの具合がよくないと聞き
近づいてはいけないのにゾーイに情報を得ようとしたり
ローズに頼み込んでカルテを覗かせてもらったり
そして投薬が治験薬と合わないことがわかると
何とか阻止しようとしますがローズに止められます。
ハルステッドの責任感、思いの強さはわかるけど
その前に自分の立場、病院の立場を考えなければ…
つくづく困ったお兄ちゃんです。
ローズと共にモリーズで飲んでる時も
せっかく出てきた!ハーマンは
かける言葉がありませんでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント