INDEX    RSS    ADMIN

Hustle&Flow (ハッスル&フロウ)

Take Me to the Riverを観に映画館へ行ったとき
出演アーティストの情報を知りたくてプログラムを購入したのですが
そこに書かれていたTerrence Howard主演、メンフィスが舞台のHustle&Flowをまだ観たことがなかったので
DVDを入手して視聴しました。
これってまるでEmpire前日譚じゃないですか!!
まさかTarajiまで出てくるとは…と全然知らなかったのでびっくりしつつ
楽しませてもらいました。

Terrence演じるDジェイはしがないポン引き。
仕事のパートナーの娼婦ノラのために客を探したり、ハッパを売ったり
不満を抱えながらその日暮らしをしています。
テレビでは地元の仲間で大物になったラッパーのスキニーが
独立記念日に戻ってくると話題になっていました。
Dジェイは親友だったキーに再会し
自分もラッパーになりたいという夢を実現することにします。
キーは教会のオルガン弾きのシェルビーを連れてきます。
シェルビーは白人ですが二人に協力。
シェルビーがトラックを作りDジェイがリリックを載せ
楽曲が仕上がっていきます。
コーラスが必要になった時参加するのが
Dジェイの生活を支える妊婦のシャグ。
最初はオドオドしながら、
そのうち自信たっぷりに歌い上げます。

出来上がったデモテープを持って売り込みのために
Dジェイは戻ってきたスキニーに会いに行きます。
バーでDジェイはスキニーにデモテープを渡し聴いてほしいと頼みますが
スキニーはカセットテープなど聞けないと相手にせず。
相当へこんだDジェイは帰る前にトイレに寄ると
ドラッグでぶっ飛んだ状態のスキニーが倒れていました。
せっかくのテープがトイレに落ちていて
Dジェイは怒りのあまり、スキニーを叩きのめします。

Dジェイはそのまま刑務所送りとなりますが
テープをノラにラジオ局へ送るよう指示。
ノラはラジオ局を回り
DジェイのWoops That Trickがオンエアされるようになりました。

というわけでEmpire的に観ていると
ルシウスの下積み時代の苦労物語。
しかもTaraji演じるシャグはそのままクッキーの役どころですから
ルシウスを支えるクッキーがリアルに伝わってきます。
2005年の作品だから、二人ともそれなりに若いし
クッキーが素直で初々しくてかわいらしいんですよね。
どうしてあんなに様変わりしちゃったのか
それは彼女の服役のせいにしておきましょう(苦笑)
ただ生まれてきた子は女の子なので
アンドレは女の子になってしまいますが…

ラップが出来上がる過程も丁寧に描かれていて面白かった。
キーを演じているのはAnthony Anderson。
L&Oのバーナードだったのがなんとも不思議。
でもルシウスだってその前はL&O LAのデッカーでしたから
L&Oコンビだと言えばそれまでだけど
ついでにシェルビー役のDJ Quallsは
The Man in the High Castleに出てましたね。

この作品を観るともっとEmpireが楽しめる。
というより心から愛し合い支え合ってるルシウスとクッキーの姿を知ってしまったので
この先またいがみ合いが続くと
昔を思い出せ!!と喝を入れたくなってしまう
そんなきっかけを作ってくれた作品でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント